モデルにオスカー所属芸人まで…女芸人はこんなにキレイになった

お笑い 2018年05月12日 12時00分

 昨今のテレビ番組に欠かせない存在、それは女性芸人だ。昭和の時代に、そのエキスパートとなったのは山田邦子。以降は常に、その時代のシンボルというべき売れっ子が何組も世に出ている。このような市場拡大の中、昨年末には女性芸人だけによるトーナメント制コンテスト『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)が始動。勢いはとどまるところを知らない。

 この決勝舞台に立った紺野ぶるまは、手足が長くて長身。イマドキ風のイイ女だが、それもそのはず、モデル経験があるのだ。そもそも芸能界入りを目指したときは、モデル・タレント志望で現在所属する松竹芸能の養成所に入学。当時、モデル活動に恵まれたというわけだ。

 ピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり 2017』では、決勝戦に初進出。18年にもそのステージに立ったが、その際、優勝した盲目の漫談家・濱田祐太郎の耳元で、得点の状況を丁寧に説明する姿が何度もカメラに映りこみ、好感度が一気に高まった。

 そんな紺野ほど高実績は残していないが、ハイスペックでは女性芸人界トップではないかと思われるのは、古川モカ。芸人にして、現役モデルだ。173㎝の長身で、現在17歳。仕事優先で生きる覚悟を決めたため、高校進学はしていない。現在は「私と社長。」という男女コンビの漫才師で、長すぎて細い手足は大人気タレントでモデルの菜々緒を彷彿させる。関西を拠点にしており、芸歴わずか2年とあって、メディア展開はこれから。伸びしろしかないティーンエイジャーだ。

 ちなみに、相方の「社長」こと尼木雄愛は、35歳で既婚者。センチュリー21西日本不動産株式会社の代表取締役で、年収3,500万円だという。

 ピンの紺野、男女コンビの古川と異なり、女性同士によるコンビで活動しているのは、バーゲンセール。元女優と元アイドルという美しすぎる2人組だ。所属事務所はオスカープロモーション。米倉涼子や上戸彩、武井咲や剛力彩芽、藤田ニコル、岡田結実ほか、今のテレビ業界を支えている大人気者を多く抱える美人帝国だ。

 ゴールデンウィークには、オール芸人キャストの短編映画『迷子のまいこのお兄さん』が公開されたが、同作にコンビそろって出演。わさびちゃんは、ボケ担当の30歳。アイドルグループ・姫リアンズのメンバーとして活動した期間もあった。相方の上原正子はかつて、上原舞花という芸名の女優。芸能活動は小学3年生から行っているため、もはやベテランの域といえる。ツッコミ担当の33歳。ネタは当然というべきか、アラサー女の悲哀を憂うものだ。

 ここ数年は笑いも多様化しており、特技や趣味をネタに取り入れるハイブリッド系芸人が続出。何をきっかけに火が点くかわからない。美をセールスポイントにしてガッポリ儲けているのは、関西のベテランピン芸人にして美容家のシルクぐらい。年齢不詳の熟女と異なり、そろそろ若いオンナにピンスポットが当たってほしいものだ。

ピックアップ
お笑い新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る