search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 誰にでも起こりうる危険 TOKIO・山口再入院、「常時飲酒」の恐ろしさとは?

誰にでも起こりうる危険 TOKIO・山口再入院、「常時飲酒」の恐ろしさとは?

pic pic

画像はイメージです

 未成年女性に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也が、謝罪会見後に再入院をしたとわかった。精神的に不安定な状態にあるため、自宅で一人にしておけない状態であるという。マスコミ対策、疲労回復、メンタル面のケアなど、複数の目的があるにせよ、もっとも大きな目的は「酒断ち」ではないか、と噂されている。

 「記者会見では、『今は絶対飲まないと決めている』と述べていましたが、自らの意思だけでどうにかなる問題ではありません。今の日本は成人ならば、真夜中でもコンビニなどで簡単に酒が手に入ります。そのため、つい酒に手を伸ばしてしまうことはあるでしょう。さらに、ビールならOK、軽くならOK、といった自己判断の甘さも再びアルコール依存症の傾向を強めてしまう危険性を秘めています。まわりの人間が酒を取り上げても、アルコールの入っているみりんや化粧水を飲む、万引きしてでも飲むといった実例もあります。それほど酒の誘惑は強いのです」(アルコール依存に詳しいフリーライター)

 アルコール依存が進むにつれて危惧されるのが、「常時飲酒」である。これは起きている間は常にアルコールが体内に入っている状態を指す。

 「毎晩飲み歩くといった行為は、単なる酒好きでアル中とは似て非なるものです。常時飲酒は、酒を手元において常に飲み続ける状態をいいますね。酒を飲んでいるのがバレないように、ペットボトルに焼酎の烏龍割を入れて飲むといった行為が行われます。慣れてくると、飲酒状態のまま車を運転するといったことも行われるので、さらなる問題を起こしかねません」(前出・同)

 断酒には強い意思が必要となる。それができない場合には、抗酒剤などの物理的な対応も検討される。山口に苦難の道が待ち構えているのは確かだろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ