大関・稀勢の里が再度“疑惑の綱獲り”へ 懸念される安易な横綱昇進

スポーツ 2013年11月25日 15時30分

大関・稀勢の里が再度“疑惑の綱獲り”へ 懸念される安易な横綱昇進

 大相撲九州場所(11月10日〜24日=福岡国際センター)は千秋楽で、横綱・日馬富士(伊勢ヶ濱)が横綱・白鵬(宮城野)との相星決戦を制し、14勝1敗で5場所ぶり6度目の優勝を飾った。

 一方、大関・稀勢の里(鳴戸)は両横綱を破って13勝(2敗)を挙げ、優勝していないのにもかかわらず、またぞろ“疑惑の綱獲り”が浮上した。

 かねて、稀勢の里に目をかけている北の湖理事長(元横綱)は、この成績を「優勝に準ずる成績」と認定。来場所(14年初場所)、「13勝以上の優勝」を条件に、綱獲り場所となることを宣言してしまった。この意見に、横綱審議委員会の内山斉委員長も同調した。

 横綱昇進への内規は、「2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」と定義されている。しかし、平成以降、「2場所連続優勝」以外で昇進させた例はない。

 これには、1度の優勝経験もなく昇進した双羽黒(北尾)、直前2場所で優勝がなかった大乃国(現芝田山親方)らが、昇進後、期待に応えることができなかったためだ。この慣例は90年(平成2年)秋場所で昇進した第63代横綱・旭富士(現・伊勢ヶ濱親方)以来、24年間も守られているのだ。

 夏場所(5月・両国)で13勝を挙げ、15戦全勝優勝の白鵬に2差を付けられながら、なぜか「優勝に準ずる成績」と認定された稀勢の里は、名古屋場所(7月)で初の綱獲りが懸かったが、ここ一番の勝負弱さを露呈して、11勝4敗に終わり、昇進は露と消えた。

 稀勢の里が来場所、13勝以上での優勝を果たせば、横審、協会では横綱に昇進させることが濃厚。そうなれば、旭富士以降続いていた「2場所連続優勝」の昇進条件が覆されることになる。

 日本人横綱は03年初場所で貴乃花(現貴乃花親方)が引退してから、実に11年も不在。協会が人気回復のために、日本人横綱の誕生を待望する気持ちは理解できる。だが、24年間守っていた慣例を壊してまで、無理やり横綱をつくることには議論を呼びそうだ。
(落合一郎)

ピックアップ
「お笑い第七世代」フレーズに賛否両論

「お笑い第七世代」フレーズに賛否両論
2019年05月25日 18時00分 [芸能ニュース]

スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る