大阪シンボル・グリコ看板“綾瀬はるかバージョン”に地元から“違和感”の声

社会 週刊実話 2014年09月15日 12時01分

 大阪・ミナミは道頓堀の名物といえば、戎橋の江崎グリコの広告ネオン。大正時代から5代を数え、「大阪市指定景観形成物」にも指定されている。そのグリコネオンが老朽化のため改修工事に入り、現在は同社のCMキャラクター・綾瀬はるかが同じポーズを取ったシートが掛けられているが、これが地元で賛否両論を呼んでいるのだ。
 「道頓堀を訪れる観光客の間では『大阪らしくて面白い』、『レアなものを見せてもらった』と、記念写真を撮る人の姿が増えているようなのですが、見慣れている地元の大阪人の意見が何とも微妙なんですよ」(地元記者)

 実際に商店街等で感想を求めると、確かに「何となく違和感がある」、「よく見たら体のバランスが悪い」、揚げ句は「あれでは綾瀬が可愛そうや」、「まさか奇をてらうのが目的ではないやろに」との声まで聞こえてくるほど。
 そんな中で多くを占めるのは、「合成なのではないか」というもの。つまり、首から上だけが本人なのではないか、という見方だ。
 よく見れば、やはり顔の部分がいかにも後付けっぽく目立つ。逆にボディーの方は、爆乳で知られる綾瀬にしてはメリハリ感がない。

 そこで、江崎グリコ広報部に実際のところを聞くと、以下のような返答が来た。
 「合成写真なのでは、という声があることは承知していますが、それについてはお答えできません。ただ、あの看板を作るときには、綾瀬さん御本人にポーズを取っていただいたと聞いております」
 やはり同社でも“合成疑惑”は耳に入っていた模様。さらにその後、記者の元に「合成写真ではありません」と完全否定の連絡が入った。

 同社によれば、この秋中には新しい“6代目”のグリコネオンが登場するという。もちろん綾瀬本人には何の罪もないが、大阪のシンボルだけに、もうしばらくは注目を浴びる“代役”となりそうだ。

ピックアップ
社会新着記事

1993年3月「北九州監禁殺人事件」 希代の殺人鬼・松永太が生み出した“猟奇の極致"とは…
2019年01月20日 12時03分

名勝地「南紀白浜の三段壁」が“最凶スポット”といわれてしまう理由
2019年01月19日 19時03分

2013年7月「山口連続放火事件」 「最後の八つ墓村事件」の真相
2019年01月19日 12時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る