search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(12月15日)朝日杯FS(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(12月15日)朝日杯FS(GI)他1鞍

【今週の予想】

☆中山10R 北総S (ダート1800m)

 使われつつ上昇してきたゴルトマイスター。休み明け、昇級初戦ではあったものの、2走前は負けすぎだった。それもそのはず、当日のパドックでは明らかに仕上がり途上で、本馬の力を発揮できる状態ではなかった。前走は勝ち馬から0秒4差の4着であったが、それでもまだ良い頃のデキにはなかった。今回もまだ良い頃のデキまでにはなっていないものの、使われつつ状態は上がってきており、前走のデキで4着ならば今回は勝ち負けになるだろう。

◎ゴルトマイスター
○グラスブルース
▲エムオーグリッタ
△₁フクサンローズ
△₂リワードアンヴァル
△₃スピーディクール

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】10点
◎−○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→○▲△₁△₂→○▲△₁△₂△₃

☆阪神11R 朝日杯FS(GI)(芝1600m)

 前走の内容が圧巻だったサリオスを本命に推す。前走のサウジアラビアRC(GIII)では、先週の阪神JF(GI)で3着だったクラヴァシュドールを相手に0秒2差を付ける完勝。それも、直線で後ろから勢いを付けて追い込んできたクラヴァシュドールに一旦前へ出られたものの、エンジンがかかると一気に差し返す力がなければ出来ない芸当。しかもレコードのおまけつき。新馬、前走とともに33秒1の上がりを使っており、終い勝負も歓迎のクチ。追い切りでは抑えきれないくらいの推進力を見せており、絶好のデキ。鞍上はR・ムーアと崩れる要素ほとんど見当たらず、ここは勝ち負け必至だろう。相手本線はレッドベルジュール。新馬戦は先行して追い比べを制しての勝利で、前走は打って変わって後方から追い込んでの勝利と、どんな競馬でもできる強みがある。サリオスよりも優れている点はキレ。
 デイリー杯2歳S(GII)での最内から一瞬のうちに抜け出してきた脚は、サリオスを上回るものと見る。28kg増であった馬体重もほとんどは成長分だが、それでも休み明けだったこともあり余裕があった。ひと叩きされて馬体は引き締まり、キレに磨きがかかっており、展開次第で十分サリオスを負かすだけの力はある。好勝負を演じてくれるだろう。▲はタイセイビジョン。以下、ラウダシオン、ビアンフェ、ウイングレイテストまで。

◎(6)サリオス
○(12)レッドベルジュール
▲(8)タイセイビジョン
△(16)ラウダシオン
△(2)ビアンフェ
△(7)ウイングレイテスト

買い目
【馬単】5点
(6)→(8)(12)(16)
(8)(12)→(6)
【3連複1頭軸流し】10点
(6)−(2)(7)(8)(12)(16)
【3連単フォーメーション】20点
(6)→(8)(12)(16)→(2)(7)(8)(12)(16)
(8)(12)→(6)→(2)(7)(8)(12)(16)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ