search
とじる
トップ > レジャー > 「一発逆転、函館レース」 TVh杯 藤川京子の今日この頃

「一発逆転、函館レース」 TVh杯 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 メンバーを見渡すと高知最終レース、一発逆転ファイナルを予想する気分です。馬のレベルが違うにしろ、何でも有りのような気もします。その中でも、1番まともな持ち時計があるのは前走のヴィクトリアマイルで大敗してしまったデアレガーロ。鞍上は末脚に賭けたのですが、道中は力(リキ)んでしまったようで、最後の直線では失速してしまいました。前走より0.5kg程重くなりますが、前回のメンバーとは違うので、もう少し余裕の走りが出来ると思うし、1200mなので、長い距離を押さえる必要もないと思うので、今回は末脚が使えると思います。5走前は斤量52kgで函館1200mを好タイムで勝っています。その時から比べると今回は3.5kg重くなりますが、今回のメンバーで比べれば、軽くはないですが重くはない微妙な斤量です。

 もっと軽い馬も沢山いますが、このレースは走り抜く気合いが大切なような気がします。前に出れる馬の方が良いかもしれませんので、ダイシンバルカンが目にとまります。前走は函館1200mHTB杯斤量57kgで4着でした。馬券に絡みませんでしたけれどタイムは良かったです。

それと持ち時計で見るなら、このメンバーならヤマカツグレースも悪くありません。前走は謎の失速でしたけれど好成績ではありませんが、強いメンバーと戦って来たので、このメンバーなら何とかなる気もします。

 そして気合いの1頭は、ここ2戦で落馬と桜花賞直前に左足に不安材料が出て取消になってしまいましたが、落馬したフィリーズレビューでは、騎手は乗っていませんでしたけれど自ら内々を通り、最後の直線では外に出ようとする姿がありました。走る気はマンマンなアマルフィコーストが一発あるかもしれません。

しかし、レースとしては荒れそうな気もするので、網を張ります。ココファンタジアは気分が乗れば末脚が炸裂する時があります。それと斤量50kgのイアペトスはダートが中心ですが、昨年の6月末に函館芝1200mで1度ですが勝った事があるのです。

ワイドBOX 11アマルフィコースト、3デアレガーロ、6イアペトス、12サダムリスペクト
ワイドBOX 1ダイシンバルカン、8ヤマカツグレース、5アルマエルナト、2ココファンタジア、

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ