search
とじる
トップ > 芸能ネタ > テレ朝大誤算! 「相棒」枠の東山紀之主演ドラマ「刑事7人」がズッコケた!

テレ朝大誤算! 「相棒」枠の東山紀之主演ドラマ「刑事7人」がズッコケた!

 テレビ朝日が思いもよらなかった非常事態に直面している。

 水谷豊主演の「相棒」枠として、おなじみの水曜午後9時の刑事ドラマが、予想に反してズッコケているのだ。

 同枠は例年10月から翌年3月まで、「相棒」を放送。4月から9月も、刑事ドラマ枠として、「警視庁捜査一課9係」シリーズ(渡瀬恒彦主演)や、「遺留捜査」シリーズ(上川隆也主演)などをオンエアしてきた。

 4月期に放送された「警視庁捜査一課9係 season10」は全話平均11.9%(数字は以下、すべて関東地区)をマークし、根強い人気を示したばかり。

 今クールにオンエアされているのは、東山紀之主演の「刑事7人」。その7人には、東山の他、北大路欣也、吉田鋼太郎、高嶋政宏、片岡愛之助、倉科カナ、鈴木浩介といった豪華キャストが起用されている。

 テレ朝としては、「10%は確実。あわよくば、15%程度」を期待したはずだが、どうにも数字が獲れないのだ。

 初回は11.8%とまずまずで、第2話も10.6%と2ケタをキープしたが、第3話で9.0%と1ケタ台に転落。第4話は9.4%とやや持ち直したが、8月12日に放送された第5話は6.6%まで急落してしまった。

 同日同時間帯の民放他局の視聴率を見ると、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」が12.1%、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」が8.1%、TBS「8.12日航ジャンボ機墜落事故 30年の真相」が13.8%、テレビ東京「水曜ミステリー9〜トカゲの女2 警視庁特殊犯罪バイク班」(主演=黒谷友香)が6.1%で、それほど視聴率が高い番組はなかった。それだけに、「刑事7人」の不振は深刻ともいえる。

 このまま、巻き返しができなければ、全話平均で1ケタ台に終わってしまう可能性も十分。同枠での1ケタ台となると、昨年4月期の「TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-」(小澤征悦主演=全話平均9.4%)以来の失態となる。

 10月からスタートする「相棒 season14」は“4代目相棒”として、反町隆史(冠城亘役)を新たに迎えることで注目を集めている。本来なら、「刑事7人」が好視聴率を挙げて、いい形で新「相棒」にたすきをリレーしたかったはずだが、予想外の不振で、テレ朝としては大誤算となってしまった。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ