search
とじる
トップ > スポーツ > 斎藤佑樹がまた快挙!

斎藤佑樹がまた快挙!

 何かを持っている男、斎藤佑樹がまたまた快挙だ。

 18日、明治神宮大会決勝戦が神宮球場で行われ早大が福井、大石、斎藤のドラフト1位の黄金リレーで東海大を2対1で破り悲願の初優勝を飾った。

 広島からドラフト1位指名を受けている早大の先発、福井は東海大を5回7三振、ショートのエラーによる失点1に押さえ、早大は6回裏、2死満塁から4番山田が初球外角高めのスライダーをライト前に放ち逆転タイムリーで2対1。

 7回からは西武ドラフト1位指名の大石が登板、7回は2三振、圧巻は8回の3者連続三振の完璧な内容。大トリは日ハム1位指名の斎藤佑樹。学生生活最後のマウンドに立った斎藤は外角のスライダーで連続三振、最後の打者をサードゴロに打ち取りゲームセット、優勝の瞬間ガッツポーズを見せ、マウンドに駆け寄ってきたナインと抱き合い喜びを爆発させた。

 「リーダーシップのない、どうしようもないキャプテンだったんですが、部員全員が背中を押してくれました、アマチュア野球は野球の原点だと思います。これからはエンターテイメントできるように頑張ります」何かを持っている男、斎藤佑樹のプロ野球での活躍が楽しみだ。

(写真・文 アミーゴ・タケ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ