天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 大平正芳・志げ子夫人(下)

社会 週刊実話 2017年12月04日 14時03分

 大平正芳という男は、政治家というよりむしろ「求道者」「哲学者」といった面持ちがあったことは前回記した。政治家という“人種”は一計を案じたり、前へ前へ出たがる性癖の固まりだが、生マジメな大平はそうしたこととは無縁であった。趣味は読書で、その読書量は半端でなく、古今東西のそれは、ほとんど読み尽くしたという「碩学」であった。
 ために、生涯、「盟友」関係にあった田中角栄元首相などは、大平がのちに総裁選に出馬したときも、大平がほとんど動くことがなかったことから、しょうがねェなという顔をし、友情を込めて「アイツは宗教家だからウチが動かねば勝負にならん」と、田中派の面々を叱咤激励、自らも多数派工作に汗を流したといった具合だった。

 筆者は、いまから40年近く前の大平が総理になる直前、どのくらいの「碩学」ぶりなのかを確認するため、実弟が管理する大平生地の香川県観音寺市の大平の蔵書を保管している『大平文庫』を取材したことがあったが、なんとも仰天した思い出がある。蔵書数1万冊弱、しかも1冊たりともページをめくらなかった形跡はなく、古今東西の政治、哲学、宗教関係から推理小説、クイズ本、果てはセックスに関するものまで、なまじの図書館も顔負けといった風情だった。

 さて、こうした若き大蔵官僚の大平を買っていたのは、大蔵省の先輩でのちに「高度経済成長」を引っさげ、総理として戦後日本の復興にチャレンジした池田勇人であった。池田は生マジメ、物事にすべからく慎重だったこの大平を、妙にかわいがった。大蔵大臣時にはしぶる大平を「まあ部屋にいるだけでいいから」と大臣秘書官に抜擢、その後、自分が政治家になると、今度は大平を「国政に出ろ」と尻を叩いたのである。ここでも大平は「私はその任にあらず」としぶったが、半ば強引に衆院選出馬を決められてしまったのだった。

 筆者は、およそ政治家には向かぬ(?)大平の〈旧香川2区〉の選挙戦はどういうものだったのかも取材している。大平らしいエピソードが、多々聞こえたのだった。支援者の証言である。
 「初出馬のとき、なんとも演説がカタイんですワ。田舎のジイサン、バアサンの集まっているところで、面白くもない財政問題をくそマジメにしゃべっておる。最後には、聴衆のほとんどが寝ておった。しかも、その財政問題の演説が滔々というワケではなく、『アー公定歩合が…、ウー7%なら…、アー』といった具合。アーの次にウーが出てくるのに時間がかかり、とてもハデな選挙戦とは無縁だった。結局、これでは票につながらんということで、できるだけ笑顔を振りまくことに作戦を変えることになった。あるバアサンが、『あの人の笑顔は可愛い』と言ったのがヒントになったんです。ためか終盤戦で婦人票が伸び、からくも当選圏に入った」
 「2回目のときは、ピンチを見かねた後援会の幹部が、親分である池田蔵相に懇請、吉田茂総理を応援演説に引っ張り出すことに成功したんだが、これがウラ目に出て落選危機に陥った。観音寺の演説会場で、吉田総理がかたわらの大平を指して、『私の最も信頼するオオダイラ君であります』とやった。『あの吉田総理が名前を間違えるくらいだから、大平というのはたいしたことがない』とのウワサが広まってしまった。これには大平もさすがにショックだったらしく、『ワシはもしこの選挙で落ちたら政治家は辞める。勝負には向かんようだなぁ』と言っておったくらいだったんです」

 その後の大平は、池田の引き立てもあり、官房長官、外務大臣、そして通産大臣、大蔵大臣、自民党幹事長と着実に実力者としての階段を昇り、やがて総理大臣、そして、総理在任中の選挙さなかに無念の殉職をしたということだった。この間、妻・志げ子は、夫とどう向かい合ったのか。大平と長い付き合いのあった古参の政治家記者の、次のような証言が残っている。
 「例えば、大平の“戦死”に直結したと思われる自民党40日間抗争で大平が反大平勢力に揺さぶられる中、夫人は大平のためにと密かにツテをたどっては、こうした反大平勢力の議員に電話で大平の心情を伝えてもいた。そんなことを知った大平は、こう一喝したことがある。『政治のことは黙っとれッ』と。大平とは、そんな男だった」

 大平の墓は郷里・香川県豊浜町の小高い丘の上にある。正面を生家に向け、背にはのどかな瀬戸内海が窺える。夫妻の長女・森田芳子の、こんな話もある。
 「私は母の素顔を、一度として見たことがなかった。どんなに早く起きても、母は身ずまいを正し、必ずお化粧をすませていました。“政治家・大平正芳の妻”の自覚だったのでしょう」
 寝ぼけまなこでダンナを会社へ送り出すようなカミサンでは、とてもダンナが会社でエラくなることはないということのようである。=敬称略=
(次号は、鈴木善幸・さち夫人)

小林吉弥(こばやしきちや)
早大卒。永田町取材48年余のベテラン政治評論家。抜群の政局・選挙分析で定評がある。著書に『決定版 田中角栄名語録』(セブン&アイ出版)、『21世紀リーダー候補の真贋』(読売新聞社)など多数。

ピックアップ
太川陽介・藤吉久美子夫妻、離婚の可能性は

太川陽介・藤吉久美子夫妻、離婚の可能性は
2017年12月15日 22時43分 [芸能ネタ]

2年交際中の彼氏が発覚した滝沢カレン

2年交際中の彼氏が発覚した滝沢カレン
2017年12月15日 22時17分 [芸能ネタ]

疑惑否定のきゃりー、芸能人の妊娠説

疑惑否定のきゃりー、芸能人の妊娠説
2017年12月15日 22時10分 [芸能ネタ]

社会新着記事

女子アナたちが落胆した民放キー局「共同五輪CM」中止
2017年12月15日 15時03分

フィンランドで販売「コオロギパン」は日本でも広がるか
2017年12月14日 14時03分

世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第250回 二つの壁
2017年12月14日 10時03分

“働き方改革”で注目度増す「ブラック企業大賞」の行方
2017年12月13日 14時03分

米朝核戦争 死者は東京180万人、ソウル203万人の地獄絵図
2017年12月13日 10時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る