search
とじる
トップ > トレンド > スイングペッツ・シリーズに、激ヤバな新キャラ“アベボット君”登場

スイングペッツ・シリーズに、激ヤバな新キャラ“アベボット君”登場

 株式会社ドリームズ・カム・トゥルーが展開する、“遊べるコレクションフィギュア”こと「スイングペッツ(https://www.facebook.com/Swingpets)」にどこかで見たような顔のキャラ、その名も「アベボット君」が登場した。あきらかに日本政府の中枢にいる“あの人”をモデルにしたであろう、かなりギリギリの商品だ。

 動物モチーフのカワイイ系グッズをメインに展開しているドリームズ・カム・トゥルーは、これまで“ガチャピン”やサンリオの“ハローキティ”など、キュートなキャラをメインに「スイングペッツ」をリリースしてきた。しかし、ここにきて「お日様研究所の日の出博士が開発した世界初の“はたらくおもちゃ”である。メッセージボードを持って日々人々の為に働いているのだ」という設定を急に思い出したのか、どう贔屓してもカワイイとは言い難いアベボット君を投入。子どもや女性がメインターゲットであるキャラクターグッズ業界に衝撃が走っている。

 電池のいらない“カワイイ”小型スイングメッセージボード!! …というウリを覆すような濃いルックスを持つアベボット君だが、本体に小型のソーラーバッテリーを搭載/乾電池不要でユラユラと両手を左右に振って動くという基本仕様は他の「スイングペッツ」と同様。両手に付属のメッセージボードを持たせるとコミュニケーションツールとして使用でき、左右に動き続けるので自然とメッセージボードに目がいくという長所も、もちろん兼ね備えている。

 コンパクトサイズで、かつソーラーバッテリー商品に多く見られる台座部分が無いので場所を選ばず、机の上や玄関先、また店舗のアピールツールとしても使用できるスグレモノでもある「スイングペッツ」。しかも参○選を控え話題性MAXな「アベボット君」ならば、さらに注目を集めること間違いなし…? 現在、そうせんきょバージョンとクールビズバージョン(http://www.amazon.co.jp/dp/B00CTCJN4G)の2バージョンが発売中。

■商品名:『スイングペッツ アベボット君』
■発売日:2013年7月13日(土)
■希望小売価格:アベボット君2種 1200円(税抜)
■対象年齢:6歳以上
■乾電池:不要
■取扱:玩具専門店、大手百貨店・量販店、インターネット等
<お問い合わせ先>
株式会社ドリームズ・カム・トゥルー

関連リンク
【Amazon】スイングペッツ アベボット君そうせんきょバージョン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CTCJPCQ

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ