search
とじる
トップ > アイドル > ジャニーズ事務所、ついに長年の“宿敵”と歴史的な和解? その切実な事情とは

ジャニーズ事務所、ついに長年の“宿敵”と歴史的な和解? その切実な事情とは

pic pic

画像はイメージです

 今年からタッキーこと滝沢秀明が裏方に回る新体制が発足したジャニーズ事務所だが、スキャンダル対策のため大胆な方針転換を行ったという。

 「長年、ジャニーズ事務所は『週刊女性』(主婦と生活社)をNG媒体に認定。そのため、同誌はこれまで好き勝手ジャニーズタレントのネガティブなスキャンダルを報じており、いわば“宿敵”でしたが、ジャニーズが昨年末から取材NGを解除。歴史的な和解を果たしました」(出版関係者)

 そのため、今年の第1号となった1月5日発売の同誌には、元日に行われたHey! Say! JUMPの東京ドーム公演と、その翌日に行われたKing & Princeの記者会見の記事が掲載された。

 また、14日発売の今週号にも、NEWSのドームツアー最終公演とジャニーズWESTのツアー初日の撮り下ろし写真が掲載されているのだ。

 「同誌はニュースサイト『週刊女性PRIME』がなかなか好調、Yahoo!にも掲載されることが多く、なかなか影響力は大きいのです。そのため、ジャニーズはいらぬゴシップネタを書かれてタレントの評判を下げるより、取材を解禁してゴシップネタを押さえ込むことを選択。タレントたちも事務所の幹部もひと安心でしょう」(芸能記者)

 ちなみに、今週号に同誌に掲載されているほかのジャニーズネタとしては、昨年9月に一部で、すでに3年間の交際が報じられたHey! Say! JUMPの山田涼介とモデルの宮田聡子の破局。

 昨年の秋ごろにふたりは破局し、宮田はすでに親しい友人に別れたことを報告しているというが、宮田にとってネガティブな要素が多く、山田ファンが読めば喜びそうな記事だ。

 この分だと、ほかのNG媒体も徐々に取材解禁となりそうだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ