search
とじる
トップ > レジャー > テレビ東京杯青葉賞(GII 東京芝2400メートル、30日)藤川京子のクロスカウンター予想!

テレビ東京杯青葉賞(GII 東京芝2400メートル、30日)藤川京子のクロスカウンター予想!

 馬が若いので、まだ、競馬を勉強中の馬も多くいきなりラップを縮めてくる馬もいますが、軸は、少ないデータの中からでも比べてみたいと思います。先々週の皐月賞で、勝ったディーマジェスティは、共同通信杯(東京1800)で勝った馬で、稍重のレースにしては好タイムで勝っていた所を見るとレベルの高いレースだった事が伺えます。

 その共同通信杯の0.3秒遅れの3着馬であるメートルダールが7枠11番から出走します。

 その時も最後までは追わずに、余力を残していたようにも見えました。後ろから行く馬で、距離が延びても折り合いは大丈夫そうです。末脚勝負の馬ですが共同通信杯と同じ今回の東京競馬場で、前回と同じように伸びてきてくれると思うので、馬券に噛みやすいと思います。今回は頭数も少ないので、前を塞がれるリスクも少ないと思います。対抗は、前走の阪神2400mで、この時期なら好タイムで勝ったヴァンキッシュラン。

 また、人気のプロディガルサンは、上がりタイムは馬場差を考えれば3番だと思うのですが、走破タイム実績に少し不安があるので、紐にしました。

 走破タイムを無視して、上がりタイムだけを見るとレーヴァテインが今回と同じ東京2400mのレースで33秒0で上がって来ています。相手なりに走って来た馬なのかもしれませんので、秘めた力があるように思えます。

 それとペースが遅くなり前残りの可能性も考えて、ノーブルマーズ。前走は、時計のかかる阪神2400mで最初から端を切って逃げ切りました。

 それと未知な所もありますが前走阪神2200mのすみれステークスで3着だったロスカボス。

◎メートルダール(11)
○ヴァンキッシュラン(6)
▲レーヴァテイン(13)
△ノーブルマーズ(10)
△プロディガルサン(12)
△アルカサル(9)
△ロスカボス(3)

ワイドBOX (11)、(6)、(13)、(10)

動画予想は→https://youtu.be/S_ONxiLHMSE

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ