search
とじる
トップ > スポーツ > 日テレ「行列」の北村弁護士つけた亀田ジム JBCと仁義なき全面戦争突入へ

日テレ「行列」の北村弁護士つけた亀田ジム JBCと仁義なき全面戦争突入へ

 ボクシングの亀田ジムとJBC(日本ボクシングコミッション)が、仁義なき全面戦争に突入することになった。

 2月7日、JBCは都内で記者会見を開き、亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネージャーのライセンス更新を認めないことを発表した。事実上の資格はく奪となる。

 これは、昨年12月3日、大阪・ボディーメーカーコロシアムで行われた亀田大毅(IBF王者=25=亀田)vsリボリオ・ソリス(WBA王者=31=ベネズエラ)のIBF&WBA世界スーパーフライ級王座統一戦において、大毅が敗れながらも王座を保持し、混乱を招いた点が原因。

 同統一戦は、前日計量でソリスが体重超過でWBA王座のはく奪が決定。その後のルールミーティングで、試合はそのまま統一戦として行われ、「大毅が勝てば王座統一、負ければ両王座は空位。引き分けの場合は大毅がIBF王座防衛で、WBA王座は空位」となることが確認されていた。

 試合は判定の末、2-1でソリスが勝利し、大毅は王座から陥落するはずだったが、試合後にIBF立会人のリンゼイ・タッカー氏が、「IBFのルールにより、IBFの挑戦者のソリス選手が体重超過だったため、亀田選手は王者のまま」と翻した。後日、亀田陣営が「大毅が負けても王座保持」となることを、試合前日中にIBFに確認を取っていた事実が明らかになった。

 JBCでは、亀田陣営が「大毅が負けても王座保持」を知っていながら、JBCや報道への報告、公表を怠った点を重く見ての処分。

 JBC・秋山弘志理事長は「ファンなど多くの人々からボクシングの公平性を疑われ、JBCの信用が傷つけられた。職責を果たしていない」と説明した。

 吉井会長、嶋マネージャーのライセンスは昨年末で期限が切れ、未更新状態で、これにより亀田ジムは活動停止となる。ジムを通してでなければ、ボクサーライセンスを更新することはできず、3兄弟が日本国内で試合をするためには新たに会長、マネージャーを置くか、他ジムへ移籍するしかない。

 ただ、JBCでは新会長の審査を厳格に行う方針で、ジム移籍も「信頼と実績あるジムでなければ認められない」と、厳しい姿勢で臨む方針。

 秋山理事長は「JBCライセンスを有しない人物(父・史郎氏)が、実質的なクラブオーナーである。ガバナンス(統治)が不健全で(ジムが)機能していない。会長は会長の権限がある人でなければならない」と話し、史郎氏を排除したい意向。

 亀田陣営とJBCは、これまで何度もモメてきた過去がある。07年10月11日に次男・大毅がWBC世界フライ級王者・内藤大助に挑戦した試合で、大毅が反則行為を連発。セコンドで不適切な指示を出したとして、史郎氏はセコンドライセンスの無期限停止、長男・興毅は厳重戒告、大毅はボクサーライセンス1年間停止の処分を受けた。

 10年3月27日の興毅vsポンサクレック・ウォンジョンカム戦(WBC世界フライ級王座統一戦)では、興毅が判定負けした後に、史郎氏がJBC関係者を控え室に呼び出しどう喝したとして、史郎氏にセコンドライセンス取り消しの処分。五十嵐紀行会長(当時)はクラブオーナー、プロモーターライセンス無期限停止となった。

 それでも、なお史郎氏の影響力が強く、会長やマネージャーは名ばかりで、実質的な権限を持つのは史郎氏のままで、JBCではこの状況を是正したい思惑がある。

 トラブルはこれで終わりではなかった。JBCの男性職員(42)が、試合前の記者会見の後に、興毅と三男・和毅らに会場内に監禁され、精神的苦痛を受けたとして、2選手らに1000万円の損害賠償を求める訴訟を、2月6日付で東京地裁に起こしたのだ。

 訴状によると昨年9月、香川県高松市で、大毅が出場したIBF世界スーパーフライ級王座決定戦の試合前記者会見後、相手選手の使用するグローブに不満を持った2選手とジムのスタッフが報道関係者を会場外に出し、原告の男性らJBC職員3人を残し全ての扉を閉めたという。男性は訴状で、興毅から「おかしいじゃないか」などと怒鳴られ、外に出ようとしたところ和毅から首など数回小突かれたと主張。男性は「すごいプレッシャーを感じ怖かった」と話している。

 この一連のJBCの動きに対して、亀田ジムは徹底抗戦する構え。代理人には、「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)でおなじみの北村晴男弁護士がつき、6日に会見。

 北村弁護士はJBCの処分発表を前に、JBCに再審議を請求した上で、処分が覆らない場合は「無効な処分だと裁判所で争う。名誉毀損と(興行できない)営業損害を請求せざるを得ない」と法廷闘争に持ち込むことを明言した。

 また、JBC職員の監禁問題について、北村弁護士は7日、書面で「会見室からの退室を妨害したり、脅迫行為や暴行行為に及ぶなどした事実は、いずれも一切ありません。今後、訴訟において事実を明らかにしていく」と声明を出し、こちらも裁判で争う姿勢を示した。

 両者の闘いが法廷に持ち込まれるとなると、決着は長期化する。現状で3兄弟は、制約のない海外に活路を求めるしかなさそうだ。
(落合一郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ