search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 尾野真千子がきつい顔を連発して周囲から嫌味を言われる!?

尾野真千子がきつい顔を連発して周囲から嫌味を言われる!?

 女優の尾野真千子、俳優の谷原章介、小説家の真山仁氏が都内で9日、WOWOWで放送開始の連続ドラマ『マグマ』(毎週日曜夜10時から、6月10日スタート、全5話)の完成披露試写会に登場し、舞台あいさつを行った。

 地熱エネルギーの利用開発に挑む人々の夢と戦いを描く同作。真山氏の同名小説を原作とし、日本のエネルギーの在り方も問う社会派ヒューマンドラマ。NHK連続テレビ小説「カーネーション」の好演が話題となった尾野が、外資系ファンドから派遣された新社長として、地熱開発に取り組む会社に乗り込む。6月10日の初回放送は視聴無料。

 マイクを持った尾野は、外資系キャリアウーマンという役柄について、苦労した点は「ないですよ〜」とさらり。「どの作品でも現場に行けば…」と語り始め、監督や、スタッフや、共演者らが「私の役を作り上げてくれるので」と笑顔。共演の谷原が、役作りで苦労した点をさんざん語りながら、最後に、「苦労はないですよ〜」と尾野の口調を真似ると、会場は爆笑に包まれた。

 シリアスな役柄の尾野は、この日、披露された第1話では、厳しい顔ばかりをしていたが、笑顔が絶えない会場を見渡して、「あのねえ、ワタクシ、今はとても笑っておりますが、(第1話では)一回も笑っていないんですよ。きっつい顔してねえ。みんなに嫌味ばかり言われているんですよ」と振り返った。全5話を通して、尾野が笑う場面が「数えるほど」あるため、「まあ、数えてみて」

 谷原が、ドラマでは当初はバラバラの登場人物たちの心が、「一つのベクトルにそろって、とても大きな力に転がっていく瞬間があります。それが今回、僕がすごく好きなところ。大事なことは技術とか、電気とかということではなく、それを何とかしようとする人の気持ち。そこを見てほしい」と告げると、横にいた尾野も、「いいと思う」と納得。尾野が持つ独特の空気から発した、2人のやりとりに、会場から拍手が起こっていた。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ