search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 舞台『エデンの空に降りゆく星唄』記者発表会 この夏一番のアイドル舞台に注目!

舞台『エデンの空に降りゆく星唄』記者発表会 この夏一番のアイドル舞台に注目!

 アイドルの舞台として人気のアリスインプロジェクトが、新作『エデンの空に降りゆく星唄』の制作発表が行われた。本作品は地球を目指す宇宙船で巻き起こる少女たちとアンドロイドの出会い、愛と友情、そして別れがテーマとなっている。

 出演は前田希美、なあ坊豆腐@那奈、元SKE48研究生の今出舞、元SDN48の伊藤花菜・木本夕貴ほか、女性キャストのみで総勢37名のアイドルが出演する。

 まず出演者に役柄について聞いてみた。

 前田希美「知能と感情の発達がゆっくりとした女の子役です。役の中で変化を遂げていくので、同じセリフでも最初と最後では感じが変わってくるので、そこに注目して欲しいです」。

 なあ坊豆腐@那奈「実はアンドロイドの役が今回で3回目なんですよ。でもこれまでの役の中で一番人間らしい感情が豊かです。そんな感情的なところを見て欲しいです」。

 木本夕貴「先生役なのでしっかりしていますが、感情的になっても優しい人でありたいので、そこを意識しています」。

 伊藤花菜「科学者チームのトップの役です。私がこの役のイメージとしては『新世紀エヴァンゲリオン』の赤木リツコさんをベースに、碇ゲンドウの冷酷さを足したような感じです。私はモデルさんを立てて自分が近づいていけるような役作りをしています」。

 末永みゆ「アンドロイドの役は初めてで、最初はどうやって話していいかわからなかったんですけど、しゃべり方を皆さんに誉めてもらえました」。

 日野麻衣「知能の発達がゆっくりとした生徒役で、星が大好きな女の子です」。

 平山空「ストーリーの中に、まったく違うモノを持ってくる役です。いい意味で皆さんが作り上げた空気を一気に壊すようにしたいです」と意気込みを語ってくれた。

 舞台は8月13日から17日(全8公演)まで品川・六行会ホールで上演される。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ