search
とじる
トップ > レジャー > 大阪杯(GII、阪神芝2000メートル、5日)ドリームジャーニー 差し切りV

大阪杯(GII、阪神芝2000メートル、5日)ドリームジャーニー 差し切りV

 「第53回大阪杯」(GII、芝2000メートル)は5日の阪神メーンで行われ、3番人気のドリームジャーニー(牡5歳、栗東・池江寿厩舎)が中団から差し切り、重賞5勝目をゲットした。勝ち時計は1分59秒7(良)。

 自身も含め、GI馬が6頭そろったハイレベルな一戦を一網打尽にしたのは、持ち前の強じんな切れ味だった。しかも、この日はいつもの後方待機策ではなく中団8番手から。目の前を進む大本命ディープスカイを射程に入れながら、競馬を進めた。

 「どの位置取りというのではなく出たなりで」(池添騎手)。直線では、そのディープと火の出るような追い比べを展開。抜きつ抜かれつの攻防をクビ差制し、ゴールに飛び込んだ。
 「2キロの斤量差もありましたし、使っている強みもありましたが、きょうは強い競馬だと思います。最後は差し返されるんじゃないかとヒヤッとしましたけどね」
 引き揚げてきたジョッキーはダービー馬に敬意を表しながらも、会心の笑みでレースを振り返った。
 今後はオーナーと池江寿調教師が相談しながらローテーションを決めていくが、金鯱賞→宝塚記念が有力。古豪の復活で春の古馬GI戦線が混とんとしてきた。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ