search
とじる
トップ > スポーツ > 最下位独走・横浜ベイ田代監督代行の転職先はラーメン店店主が有力

最下位独走・横浜ベイ田代監督代行の転職先はラーメン店店主が有力

 横浜ベイスターズ田代富雄監督代行の転職活動をめぐる噂がやかましい。目下、セ・リーグ最下位を独走中。大矢明彦前監督の電撃退任(無期限休養)を受け、指揮をとってから1カ月経った。就任当初は続投の可能性もあったが、このままでは来季はほぼラーメン店店主に転職決定という。

 現役時代のあだ名に由来する“オバQ打線”が湿りっぱなしとあって、7月9日に迎える55歳の誕生日もお祝いムードは全くなし。夏場のオバケは背筋を寒くさせるが、オバQ監督代行の場合は首筋が涼しくなってきた。しかし、なぜまたラーメン店に転職するのか。

 「現役時代からラーメンの食べ歩きが趣味だった田代さんは、引退後に地元の神奈川県茅ヶ崎市で『田代ラーメン』を開店したんです。新湘南バイパスの側道沿いと立地条件がよく、喜多方ラーメンに似たあっさり系しょう油スープはそれなりに評判でした。ただ、店構えがピンクと青のストライプ模様という奇っ怪さで、食べる前からマズそうな印象を与えてしまい、全く儲からなかった。数年前に横浜2軍コーチとして球界復帰が決まったため、惜しまれながら閉店しました」(球界関係者)
 同関係者によると、田代監督代行は就任前から「今度野球を離れたら、建物の模様替えをしてラーメン店を再開したい」などとリベンジを口にすることがあったという。
 成績不振のままシーズンを終われば、代行とはいえ指揮官としてケジメをつけなければならない。それが転職説を生んだのだろうが、なんだか悲しい味のラーメンになりそう…。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ