search
とじる
トップ > レジャー > キーンランドC(GIII、札幌芝1200メートル、30日)藤川京子のクロスカウンター予想!

キーンランドC(GIII、札幌芝1200メートル、30日)藤川京子のクロスカウンター予想!

 今年の全出走馬の好走平均距離に近い2014年のレースに当てはめてみました。2014年は、走破タイムと上がりタイムのバランスがとれた馬達が3着までにきました。それを踏まえて、走破タイム重視と上がりタイム重視の上位7頭までに両方とも入っている馬をピックアップすると、エポワス、マジンプロスパー、ティーハーフ、レッドオーヴァル、オメガヴェンデッタ。このあたりが馬券に絡む可能性が高いです。

 この中から前走からの斤量の違いを考慮します。エポワス(+3)、マジンプロスパー(-2)、ティーハーフ(+1)、レッドオーヴァル(0)、オメガヴェンデッタ(-1)。違いを見ると軽くなっている馬もいますが、前走の着順も微妙です。

 調子も考慮すると◎レッドオーヴァルが前走のUHB賞3着と同じように走ってくれそうです。昨年のこのレースでクビ差2着。スプリンターズS3着の実力馬ですが、その後は結果を出せず低迷していましたけど、前走で復調の兆し。その前走の勝ちタイム1分7秒6は、レコード決着から0秒1差と時計も優秀。後方からよく差を詰めています。オープンで54キロならやはり力上位でした。

 夏場がいいのか、札幌では1、2、3着と3着内率100%。昨年のここは大外枠発走で4角大外を回っていましたから、今回の5番枠はプラスに働きそう。斤量54キロも昨年同様。桜花賞2着馬が完全復活を遂げます。

(5)◎レッドオーヴァル
(12)○オメガヴェンデッタ
(10)▲ ティーハーフ
(7)△マジンプロスパー
(9)△エポワス
(16)△トーホウアマポーラ
(11)△ローブティサージュ

ワイドBOX (5)(12)(10)(7)

3連単 1頭軸マルチ
(5)-(12)(10)(7)(9)(16)(11)

動画予想→https://youtu.be/Zf2oWSwuFB8

※出馬表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合し確認してください。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ