search
とじる
トップ > トレンド > 内容証明ってなんだろうな?

内容証明ってなんだろうな?

 “手紙がいつ着くのか”等々の郵便事情の常識にけっこう明るいので、寄稿させていただく。偶然読んだ方、ご参考ください。

 タイトルの件だが、書いた内容を郵便局が守秘義務をもって倉庫に保管しておいてくれる。特にこちらから用意しておくものは無く、特別な封筒なども要らない。
 いっぽう一般書留、簡易書留といわれるものは、差し出した日付証明にはなるが、内容は証明されないので、内容証明は非常につかえる制度だろう。

 速達は、ハガキも手紙も、その日のうちには届かない。翌日配達地域の場合でも、翌日到着です。17時までに出せば、翌日午前中に到着する。 

 次。休前日に手紙を投函するのと、翌休日に投函するのとで違いはあるのか。

 最近の郵便局は休日も開いており郵便業務もやっている。ただし、休日は、速達などの特別送達のみ配達をする。
 翌日も休みで2連休などのときは、速達で出せば翌日(休日中に。)届くわけである。 

 気をつけたいのは、土曜日の配達先局への移動トラックは、18時くらいに最終便が出る。又、日曜日は普通郵便が15時くらいに最終便トラックが出て、17時くらいには速達用の最終便トラックが出る。つまりこれに速達を間に合わせなければ、物理的に移動しない、ということだ。が、それだけではない。

 平日は、19時くらいまで速達の手配が出来、最終トラック=当日便に乗るが(間に合わないこともあり、おすすめできない。17時までに手続きを済ませたい。)、土日祝日は15時まで、ゆうゆう窓口等で速達の手配が出来て当日便に乗るのが基本であるのだ。

 なお日曜日にポストに投函する場合、ポストからの郵便物回収業務は日曜日もやっているが、先の17時のトラックに乗らなければ、速達でも月曜日に着かないのでポスト取集時刻のチェックは必須。
 休日午後の速達のポスト投函などは、常識として避けたほうがよいということにもなろう。

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ