search
とじる
トップ > レジャー > 一発逆転! 仲町通のここが抜きどころ(11/27) 京阪杯

一発逆転! 仲町通のここが抜きどころ(11/27) 京阪杯

◆京都11R 京阪杯

◎グランプリエンゼル
○シンボリグラン
▲ジェイケイセラヴィ
△ダッシャーゴーゴー
△アポロフェニックス
△プレミアムボックス

 今夏のUHB杯(3着)でようやく長期のスランプから抜け出した感のあるグランプリエンゼル。前走スワンSでは、やや流れが向かずに5着に敗れたが、3歳時には守備範囲外のNHKマイルCで3着したほどの力量馬、ベストの1200m戦に戻る今回は巻き返し必至。馬券的に妙味十分だけに、迷わずこの馬から入る。相手には、突き抜けるほどの強さは感じられなくなったものの、この距離で常に安定した走りを見せるシンボリグラン。2戦2勝と相性の良いボニヤ騎手への乗り替わりもプラス材料だろう。穴っぽいのが、先週末に美浦から栗東へ移動して調整中のジェイケイセラヴィ。先週に美浦の坂路で速い追い切りを済ませ、今週はあえてセーブしたが、反応の良さが目立ち間違いなく好調子。スプリンターズS(6着)だけ走れば上位入線だろう。同じくスプリンターズS組から、2位入線→4着降着だったダッシャーゴーゴーにも注目。もともと追い切りは動く方だが、今週も迫力満点の動きで好時計をマーク。レースに直結するタイプだけに抑えておきたい。3連単の穴に、関東馬アポロフェニックスと、流れが向いた際のプレミアムボックスを。

【馬連】流し(14)軸(6)(12)(13)(16)(18)
【3連単】フォーメーション(14)→(12)(16)→(6)(12)(13)(16)(18)

<プロフィール>
仲町通(なかまち・とおる)
在京スポーツ紙の競馬記者として美浦・栗東トレセンに足を運ぶこと20年。厩舎関係者への綿密な取材の下、穴党として数多くの万馬券ヒットの実績を持つ。この春、フリーとして転身。本名非公開。

※出馬表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合し確認してください。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ