search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48は5億円 他の芸能事務所も次々と寄付を発表

AKB48は5億円 他の芸能事務所も次々と寄付を発表

 東日本大震災の被災者のためのに義援金受付口座を開設したAKBグループ(AKB48、SKE48、SDN48、NMB48、株式会社AKS、株式会社秋元康事務所)が同口座に5億円を寄付することを公式ブログで発表した。

 広末涼子、戸田恵梨香などが所属する芸能事務所フラームは、一部報道によると義援金2000万円を日本赤十字社を通じて送るという。同事務所のHPには広末涼子の「言葉を失いました。眠れませんでした。願いました。祈りました。(中略)命の力を信じて、地球が静まって治まってくれるようお願いして、祈り続けたいと思います。どうか、ひとりでも多くの人に希望の光がさしてくれますように…」とのメッセージも掲載されている。

 芸能事務所などが加盟する社団法人音楽事業協会は第一次支援として義援金1億円を決定いたことがHPで発表された。今後も被災地の復興に向けて、各種支援を継続していくことを考えているという。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ