search
とじる
トップ > 芸能ニュース > トレンドに変化? AKB48 VS バンジージャンプ

トレンドに変化? AKB48 VS バンジージャンプ

 アイドルグループ、AKB48は、これまでいくつかのテレビ番組でバンジージャンプに挑戦してきた。アイドルと過酷なロケというのはきっても切り離せない企画であるが、バンジーを必死に飛ぶ姿は、応援したいというファンの心理を炊きつけるようだ。

 まず、バンジージャンプがブレイクのきっかけとなったのが、いまやAKB48グループの顔と言えるような存在である指原莉乃(現在はHKT48)だ。板野友美(卒業)、河西智美(卒業)、仁藤萌乃(卒業)らとともに、橋の上からのバンジージャンプに挑戦。先輩である板野、河西、そして同期である仁藤は成功するも、指原は飛ぶことができなかった。これに対し指原は、リベンジを宣言。再び番組で指原のバンジージャンプの企画が組まれる。同企画では仁藤が再び飛んで指原を勇気づけるも、結局、指原は飛ぶことができかなった。ここまでのお膳立てがあっても、飛ぶことができなったことが逆に斬新であったため、指原の代名詞となる“へたれキャラ”が定着した。その後、「ヘタレはビジネスであった」とも語っている指原なので、ぜひバンジージャンプに再挑戦してもらいたい。彼女が最近、溺愛する、なこみく(矢吹奈子、田中美久)など地上にはHKT48のメンバーが応援しているところでの挑戦なんかが面白いのではないだろうか。

 指原に対抗するへたれキャラとして話題になったのがNMB48の小谷里歩だ。彼女はお化け屋敷のロケで毎回、腰を抜かすことが話題になるが、バンジージャンプでも、見せ場を作っている。彼女がバンジー挑戦したのは計3回。1度目は成功するも、その後は失敗している。特に2回目では、係員にレクチャーを受けている段階で倒れ込み、バンジーへの階段を登っているとカメラに向かい、「放送とか関係なしに本気の話をしていいですか? りほが選抜に残れているのはね。リアクションやと思うんですよね。それをなくしたらNMB48にいる意味ないんですよ」と泣きながら語り始め、「将来のこととか、色々なこと考えていいですか」と考え始め、なかなか動こうとしない。結局、バンジーは失敗となり、「できなかった、最低や。歌もうまくないし、ダンスもできひんし、顔もかわいくないし、なんも取り柄がなくて、いる必要ないですよね…」と語り、「もうテレビに映る資格ないです」と泣くと、山本彩に慰められていた。

 このように、バンジーを飛ばないことでも番組の企画を成立させていたが、最近は少し違う。公式ライバルグループである乃木坂46の西野七瀬は、マカオタワーのバンジーで、既定の位置に立つと号泣するも、あまり時間をかけずに成功。NMB48では、白間美瑠が、余裕の後ろ向きで飛んで成功。さらに最近ではチーム8の10人がバンジージャンプに挑戦し、もっともはやかったのが佐藤栞で3秒、もっとも時間のかかった大西桃香、中野郁海、山本亜依の3人も9秒で成功している。アイドルが、「飛べない〜」と甘えるのは、最近のトレンドではないようだ。

 ちなみに、AKB48の歴史の中で、バンジージャンプの最高の珍場面といえば野呂佳代(卒業)の“水没”だろう。オーストラリアでバンジージャンプに挑戦した野呂だったが、なんと地上にあった池にズボンッと水没。「さては、体重申告でサバをよんだな」とナレーションされていた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ