search
とじる
トップ > トレンド > シアター・イメージフォーラムでレイトショー公開中 「ムラサキカガミ」

シアター・イメージフォーラムでレイトショー公開中 「ムラサキカガミ」

 11歳でグラドルデビューした紗綾も、今や女子高生。現在、渋谷・シアターイメージフォーラムでレイトショー中の映画「ムラサキカガミ」で、映画初主演を果たしている。

 ヤングサンデー最終号の表紙を飾ったほか、FRIDAY、週刊プレイボーイ、sabraなど数々の雑誌で最年少の表紙記録を塗り替えてきた紗綾。NHKドラマ「ゴーストフレンズ」「オトコマエ!2」、バラエティ番組「ダウンタウンDX」などにも出演し、多彩な魅力を発揮している。
 07年、「渋谷怪談 THEリアル都市伝説」で映画デビュー。以降、「神の左手悪魔の右手」「口裂け女」「山形スクリーム」とホラーを中心に映画に出演してきたが、初主演の今作もホラー作品だ。
 「夜の11時35分、大鏡の前で“紫の鏡”と5回唱えると、焼きただれた少女が現れる…」。合宿のため学校に泊まることになった女子テニス部員たちは、顧問の佐々木先生(長澤奈央)に聞かされたそんなウワサに慄く。しかも美奈子(紗綾)ら1年生部員の宿泊先は大鏡のある旧校舎。時を同じくして頻発する不可思議な出来事に背筋が凍る美奈子だったが、それはやがて起こる惨劇の序章に過ぎなかった…。

 有名な都市伝説「紫の鏡」をモチーフにした同作。美少女揃いのうれしい映画だが、中身はかなり怖い。実生活でも霊感が強いという紗綾のリアルな表情が見どころ。また、先生役・長澤奈央のお姉さんぶりもグッド。脚本・監督は、「燃えよピンポン」「あしたはきっと」「村の写真集」などの三原光尋。
 6月12日(土)、同劇場で紗綾ほか出演者らが舞台あいさつに登壇。21時スタート。

(C)2010「ムラサキカガミ」製作委員会

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ