search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48 東京ドームコンサート2日目リポート

AKB48 東京ドームコンサート2日目リポート

 アイドルグループ、AKB48が、『AKB48グループ東京ドームコンサート〜するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?〜』の2日目公演となるAKB48グループ公演を、19日(火)に開催致した。

 東京ドームコンサート2日目。初日には参加していなかった国内の姉妹グループも加わり、総勢300名の48グループメンバーがステージに登場。1曲目は、渡辺麻友のソロシングル「ラッパ練習中」。せりあがったセンターステージの中から“まゆゆ”が登場すると会場は幕開けからヒートアップ。その熱い声援に後押しされるように、他のメンバーも次々と現れ、ステージを埋め尽くした。

 コンサート序盤では、各グループが個性を出しながら競い合うようにシングル曲を披露。終盤では一転。全グループが一緒になって、それぞれの楽曲を順番にパフォーマンスし、グループコンサートならではの一体感と盛り上がりを見せた。

 トークコーナーは今日も笑いの連続。HKT48の“なこみく”をはじめとした中学1年生メンバー4名に、9歳年上の指原莉乃が“分かってるよね”と言わんばかりに「好きなメンバーは?」と問い掛けるも、4名に一蹴される場面も。

 本編最後には、柏木由紀が「私たちは東京ドームに立つことをひとつの目標として活動してきました。またこのステージ立つことが出来て嬉しいです」と、2年前に目標を達成しても尚この場所が特別な場所であることを伝え、インディーズ1枚目のシングル「桜の花びらたち」を歌唱。初心を忘れず、これからもAKB48グループメンバー全員で力を合わせ成長していくことをファンに誓った。

 アンコール明けには、総選挙によるふたつのユニット楽曲、松村香織が率いるアンダーガールズによる「誰かが投げたボール」、永尾まりやがセンターを務めるアップカミングガールズによる「チューインガムの味がなくなるまで」が、コンサートで初披露された。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ