作品が評価されるのは「香取慎吾」だからなのか?

芸能ニュース 2017年10月15日 22時05分

 かねてから「絵を書くことが好き」と公言し、1998年には画集「しんごのいたずら」を出版するなど、芸術面での才能もチラつかせていた元SMAP・香取慎吾。SMAP解散騒動の際には「芸能界を引退して画家になるのでは?」とも囁かれたほどだが、なんだかんだで解散後も芸能界に身を置き、SMAP時代よりもイキイキとした様子で活動を継続している。

 が、どうやら「画家になる」という夢は捨てていなかったようだ。

 2017年10月13日、障がい者の芸術文化支援を目的とするアート展「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に作品を出展していたことが判明。公式サイトには、香取本人のコメントや作品についての解説が掲載されており、「人生のように、いい時もあれば悪い時もあるけれど、最後には『OK!晴れました!』という絵を、僕は描きたいのだと思います」など、これまでの騒動や現在の様子を思い起こさせる、前向きかつ意味深なメッセージも見られた。

 また今回は「タレントの香取慎吾さん」ではなく、「作家の香取慎吾さん」として紹介されている。

 これまでも自身の作品を何度か披露してきた香取だが、ジャニーズ事務所退所をキッカケとして、本格的なアート活動に励もうと考えているのかもしれない。

 今回のニュースが報道されるや否や、ファンからは「嬉しい」「おめでとう」「頑張れ」など、賞賛やエールの声が相次いだ。

 何にも縛られず、伸び伸びと活動し、真っ直ぐな心で前進しようとする姿は、ファンならずとも喜ばしく微笑ましい。

 しかし、香取の「生き方」や「行動」ではなく、あくまで「作品」に関してだけ注目すると、必ずしも素晴らしいとは言い切れないだろう。

 熱狂的なファンとしては、つい手放しで高評価をしたくなるかもしれない。

 が、例えば無名の人間が同じ絵を描いたとして、果たしてここまで注目を集めるだろうか?

 もちろん、香取の作品には、強烈な個性や独特の雰囲気が感じられる。ファンだからという贔屓目ではなく、純粋に香取の作品を評価する者もたくさんいるだろう。

 とはいえ、やはり少なからず「香取慎吾」という付加価値がついてしまうのは否めない。過去に香取の作品が話題になった際にも、「描いてる人の名前で値段が左右される」「有名人が描いた絵というだけであって絵そのものの価値はないからな」など、辛辣かつ現実的な声が飛び交っていた。

 もっともこれは香取に限らず、多くの有名人にも同じことが言える。それこそ、香取と同じ元SMAPのメンバー・木村拓哉の妻、工藤静香もそのうちの一人だろう。

 「タレント」ではなく「作家」として紹介された香取だが、やはり香取が香取である以上、作品以外の価値が付いて回るのは致し方ないと言えそうだ。

 「作品」のみで純粋に評価されない宿命――。

 それはひょっとすると、香取本人にとっても不本意なことかもしれない。

ピックアップ
極秘再婚しパパになっていた押尾学

極秘再婚しパパになっていた押尾学
2017年11月21日 22時59分 [芸能ネタ]

竹原ピストルの名称、NHK的に問題?

竹原ピストルの名称、NHK的に問題?
2017年11月21日 22時54分 [芸能ネタ]

明らかになる西内まりや“ビンタ事件”の裏事情

明らかになる西内まりや“ビンタ事件”の裏事情
2017年11月21日 22時17分 [芸能ネタ]

芸能ニュース新着記事
EXILEのUSA、12歳年下の女優と結婚

EXILEのUSA、12歳年下の女優と結婚
2017年10月23日 22時11分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る