search
とじる
トップ > トレンド > 東京駅:様相を変え、朝食も提供

東京駅:様相を変え、朝食も提供

 会社員が早足で過ぎるイメージの東京駅に、昨年から、商業施設が相次いでオープンしている。

 赤レンガでおなじみの東京駅丸の内駅舎。その丸の内駅舎の改札内には、2つの「駅ナカ」エリアがある。レストランやお弁当店が集う「ノースコート」と、スウィーツ、雑貨、カフェらを提供する「サウスコート」。

 また、八重洲側には、書店や生花店もある「KeiyoStreet」エリアがある。

 これらエリアにある飲食店は、朝7時から開店するため、通勤、通学前に、東京駅で朝食をとることも可能だ。どの朝食メニューも、お手頃な値段に設定されているのが特徴。

 「ノースコート」内のレストラン施設「グランスタダイニング」にあるのは「築地・寿司清」。江戸前寿司を出すが、朝のメニューは、炊きたてご飯と鯛、香物を揃えた「鯛の出汁がけ」(650円)など。

 また、同じ「グランスタダイニング」の「東京炒飯・ProducedBy・赤坂璃宮」は、中国式雑炊「たっぷり野菜の泡飯(ポーハン)」(600円)を提供する。

 「サウスコート」の「ecute東京」では、ブック&カフェ「HINT・INDEX・BOOKS」で、「ホットハム&チーズ」(ドリンク付き、450円)らの朝食をとることができる。「HINT・INDEX・BOOKS」では、本を読みながらくつろぐことも可能だ。

 「KeiyoStreet」のデンマークスタイルカフェ「マダム・ブロ」の朝食では、焼いたライ麦パン、半熟卵、カットフルーツなどが並ぶ「モーニングプレートセット」(750円)が定番。

 朝食のほかにも、東京駅周辺施設では、春から新生活を始める人の応援キャンペーンやイベントを、以下のように、展開する。

【女性パティシエが腕をふるう春デザート】
場所:ホテルメトロポリタン丸の内ラウンジ
期間:3月1日から5月31日まで
概要:桜、タヒチ産バニラアイスクリーム、いちごなどを素材とするスイーツ

【KeiyoStreet・記念スクラッチ】
場所:KeiyoStreet各店
期間:2月1日から2月28日まで
概要:びゅう商品券1万円(1等)などが当たる

【ecute東京・1周年キャンペーン】
場所:ecute東京各店
期間:3月22日から4月10日
概要:新生活に役立つグッズの販売

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ