search
とじる
トップ > ミステリー > オーソン・ウェルズの宇宙戦争は本当にパニックを引き起こしたのか?(1)

オーソン・ウェルズの宇宙戦争は本当にパニックを引き起こしたのか?(1)

pic pic

画像はイメージです。

 ハロウィン前日の1938年10月30日、日曜(当時)夜のくつろいだひとときを楽しんでいたアメリカの人々は、陽気な腹話術コメディが終わって番組が休憩を告げると、日頃は聴かない「マーキュリー劇場」という一風変わったタイトルの番組へチャンネルを変えた。そこで飛び込んできたのは、ニュージャージー州に「火星から飛来した隕石が落下した」という、なんとも物騒な臨時ニュースだった。やがて、ラジオは驚くような知らせを告げる。

 隕石から怪しげな戦闘機械があらわれ、毒ガスを撒き散らしながら怪光線を放ち、集まった人々を殺戮し始めた。

 火星人の地球侵略が始まったのだ!

 この衝撃的な放送は、若き日のオーソン・ウェルズが司会進行から脚本、演出などを務めるラジオドラマの演出だったが、あまりにも真に迫っていたため多くの聴取者がパニックにおちいり、社会に大きな混乱を招いたとされる。これこそ、放送から80年近く経った現在でもメディアパニックの事例として取り上げられる、有名な「宇宙戦争ラジオ放送事件」の始まりであった。

 まず、放送中から番組内で言及されたニュージャージーの警察や放送局への問い合わせ電話が相次ぎ、回線がパンクして繋がりにくい状態となった。それがまたパニックに拍車をかけたとともに、新聞社をはじめとする他のメディアも「事件」として注目し始めた。騒動の急速な広がりは放送開始から30分ほどで局の幹部がスタジオへ連絡し、番組は「架空の出来事であることを言明し、放送を中止するよう指示した」ほどとされる。

 しかし、制作スタッフは介入をうまくかわして放送を続け、結局は最後まで番組を流してしまった。その間、局が放送に怒った暴徒に襲撃されることを恐れた何者かが警察へ連絡したため、局舎は詰めかけた警察と新聞記者、カメラマンなどによってすっかり取り囲まれてしまったという。ただ、中心人物のオーソン・ウェルズはこうした成り行きに落胆し、自身が座長を務める劇団の稽古に立ち会うべく(初演間近とあって、徹夜で稽古を続けていた)、警官や記者たちをかわして裏口から劇場へ移動してしまった。

 結局、ウェルズは劇場で新聞記者らにつかまってしまい、取材に応じざるを得なくなった挙句、フランケンシュタインの怪物めいた写真が翌朝の新聞を飾ることとなった。そればかりか、放送から一夜明けた31日には謝罪会見を余儀なくされ、若き人気作家のキャリアは終止符を打ったかのように思われたのである。

 では、放送中が引き起こした集団パニックとは、いったいいかなるものであったのだろうか?

(続く)

関連記事


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ