search
とじる
トップ > レジャー > 名古屋グランプリ(JpnII、名古屋ダート2500メートル、15日)藤川京子のクロスカウンター予想!

名古屋グランプリ(JpnII、名古屋ダート2500メートル、15日)藤川京子のクロスカウンター予想!

 12月15日(木)は、名古屋競馬場で、ワールドジョッキーを迎えて、名古屋グランプリ(JpnII)が行われます。武豊騎手、デムーロ騎手、ルメール騎手のワールドジョッキーとJRAから田邊裕騎手、川田将騎手。錚々たるメンバーに、地方競馬の高知、金沢、笠松、佐賀の腕利きジョッキーに、名古屋競馬からは、大畑騎手、加藤騎手が迎え撃つ。

 しかし、乗ってる馬が違うと言えばそれまでですが出走するからには、どんなコンビにもチャンスはあるのです。競馬に絶対はありません。だから馬券を買う人全員にもチャンスがあるのです。

 さて、今回の名古屋グランプリの出走馬についてですが有力なのは、ケイティブレイブ。JRAを含めたレースで、ここ7戦は馬券に絡んでいます。恐らく1番人気だと思われます。唯一の不安材料としたら2500mの長い距離が初めてで、前に行く馬なので、力まないで、走れるかという所でしょうか。しかし持ち時計もあるし、これを軸で良いと思います。

 それに続くのがアムールブリエ。2走前の砂の深い金沢2100m白山大賞典で、ケイティブレイブより、斤量2kg重いハンデで、肉薄した2着。この馬を本命とも考えたのですが、前走のJBCレディで、騎手がいくら押しても馬が前に出ないレースで9着。偶々、調子が悪かったのか、脚が痛いのか、トップスピードを出さずに終わってしまいました。マイナス要素が大きいですが、馬券には入れておきましょう。

 モズライジンは、今年の名古屋大賞典1900mで3着でした。勝った馬とは離されてしまいましたが最後の直線で、最後まで走り切って3着。ここ6戦のJRAでも、馬券に絡んでいます。持ち時計ならケイティブレイブに引けをとりません。馬券に入れておきましょう。この3頭が有力です。

 しかし、JRAから参戦のストロングサウザーやメイショウヒコボシも持ち時計だけ見れば、有力馬に引けをとらないのです。堅そうなレースにも見えますが距離が長い分、何があるかわかりません。距離適性で見れば、ユーロビート、ヴィルトグラーフもチャンスはあります。

 前を行くケイティブレイブに、勝とうとして、他の有力馬が付いていこうとすれば、2500mの長い距離で、最後の直線で、脚は垂れてきたら、後ろで控えていた馬が3番目の馬を差し切る可能性もあります。名古屋競馬の期待の星カツゲキキトキトも5走前の大井の黒潮盃競走では良い脚で上がって、2着でした。力差がハッキリしていますが3着には、僅かに穴があります。

 ここは、3連単のフォーメーションでいきたいレースだと思います。

1着 3
2着 1、4、6、7、8
3着 1、4、6、7、8、11、12

③◎ケイティブレイブ
⑧○モズライジン
⑥▲アムールブリエ
⑦△メイショウヒコボシ
①△ストロングサウザー
④△ユーロビート
⑫△カツゲキキトキト
⑪△ヴィルトグラーフ

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ