search
とじる
トップ > トレンド > 宇浦冴香が「Cherie」に改名し「恋のフシギ」で再デビュー

宇浦冴香が「Cherie」に改名し「恋のフシギ」で再デビュー

 2006年に宇浦冴香としてGIZA studioよりデビュー、2007年にはB'z稲葉浩志の楽曲プロデュースでシングル「Sha la la -アヤカシNIGHT-」がTVアニメ「結界師」のオープニングテーマに起用され、オリコンチャートで13位を記録し話題になった。

 その後も順調に活動を重ねてきたが、2010年1月に自身のサイトでGIZA studioとの契約を終了し、関東へ拠点を移す事を発表した。
 そして、2011年2月にユニバーサルミュージックに移籍し、「Cherie」と名前を変えて新しいスタート切り、5月25日にシングル「恋のフシギ」で再デビューとなった。これから鳴らしたい音は「自分でもギターを弾いてるし、ニルヴァーナのようなざくざくしたギターを鳴らす、グランジ系の音が好きです。アグレッシヴな音をかき鳴らしたい」と意気込みを語っている。

 6月4日には「恋のフシギ」リリースを記念してのLIVEがSHIBUYA BOXX行われる。

公演:Cherie 1st シングル「恋のフシギ」リリース LIVE !! 〜ライブのフシギ〜
日時:6月4日(土) 開場17:00〜 開演17:30〜
会場:SHIBUYA BOXX
料金:¥3,000 ※ご入場の際ドリンク代¥500別途必要

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ