search
とじる
トップ > 芸能ニュース > オジー・オズボーン、死んだら博物館に!?

オジー・オズボーン、死んだら博物館に!?

 オジー・オズボーンは自分が死んだ際、自分の身体を博物館に寄付しようと計画している。オジーは自分が酒やドラッグをしていたのにも関わらず、生き永らえて、そんな自分を『医学の奇跡』だと信じているそうで、自分の死体はロンドンにあるナチュラル・ヒストリー・ミュージアムで展示されるべきだと思っているそうだ。
 「誰に聞いても、俺は医学の奇跡なんだと思っている。で、俺が死んだら、自分の身体をナチュラル・ヒストリー・ミュージアムに寄付しようともね。普通なら、何日間か酒を飲んで大騒ぎするところを、俺は40日も続けてやった。ある日、一日にコニャックを4本平らげて気絶したけど、意識が戻って来て、又飲み続けた。『オズボーンズ』を収録していた時も、首の為に42種類の処方箋を飲んでいたんだ、それも朝、昼、晩と。それは写真を撮られないような『安全』な部屋で麻薬を吸っている前の話だよ。それからタバコもやってたんだ。ベッドでも吸ってたよ」

 現在61歳のオジーは、隠し持っている処方箋や痛み止めは上物で、友人の1人は彼の事を『ドクター・オジー』と呼び、自分の心の支えの為にやっているのだという。
 サンデー・タイムス誌にオジーは「面白い事は、俺は自分の友達にとって長年ドクター・オジーなんだ。主な理由は俺がよく薬局に行っていたからだよ。80年代、友達は脚が痛くて俺のところにやって来た事があるんだ」「自分の『特別』な鞄のところに行って、ゴルフボール位の大きさの薬を取り出して、『おい、これ飲め』って言うんだ。その薬はイブプロフェンで、以前はイギリスでは店頭で買えた物さ。それからその男が何時間かして『ドクター・オジー、治ったよ!』って言いに来た。唯一の問題はその男にでかい象を治せる程の量をあげた事なんだ。その男は1か月眠っていたよ。あれはもちろん昔、法律がそこに及ぶ前の話さ。もう絶対にやらないよ。神に誓う」

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ