search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ヌードも辞さず! “何でも屋”の覚悟を決めた元NHK美人アナ

ヌードも辞さず! “何でも屋”の覚悟を決めた元NHK美人アナ

 元NHKアナウンサーの住吉美紀の大逆襲が始まりそうだ。2011年にNHKを退社してフリーに転身したが、この1年間はほとんど仕事が無くなり、窮地に追い込まれていた。そこで住吉アナが打ち出したのは「何でもやります!」という姿勢。いよいよヌード披露まで噂されるようになった。

 NHKを退社してから約1年後の12年4月。住吉アナにとって勝負の番組が始まった。フジテレビが満を持して復活させた昼のワイドショー『知りたがり!』だ。ここに住吉アナが起用されたのだが、皆さんご存知の通り大惨敗。わずか1年で終了した。
 「『知りたがり!』はスミキチ(住吉アナの愛称)がフリーになって初めてもらった大きな仕事。彼女の気合いも相当なもので、露出度の高い格好でヨガをするコーナー『ヨガ天』に挑んだりもしましたが、視聴率は1〜2%台と悲惨なものでした。これでスミキチの評価も大きく下がってしまい、仕事は再び激減しました」(テレビ局関係者)

 だが、ただで転ばないのが住吉アナだ。『知りたがり!』の失敗をキッカケに、完全に開き直ってしまったという。
 「住吉はかつてNHKの同僚と結婚するも、離婚しており現在は独り身のため、自分で稼がなきゃいけない。プライドが高い人が多い女子アナの中でも一際プライドが高いことで有名だった住吉だが、もはやそんなことは言ってられない。現在は『何でもやります!』と各方面に営業をしているようだ」(民放関係者)

 その姿勢がモロに出たのが、14年4月29日放送された『踊る踊る踊る! さんま御殿!! 強烈やさぐれ女暴走 鬼嫁軍団&女子アナ祭』(日本テレビ)だろう。明石家さんまに話を振られるなり、「さんまさんに会いたかったから…。一生、会えないかと思って」と涙を流し、色目を使ったかと思えば、クレーマーであることを告白するなど、完全に住吉アナの独壇場だった。

 前出テレビ局関係者は言う。
 「これまでのイメージを崩しても、売れるためなら何でもやるつもりのようです。そこで噂されているのがヌードですよ。『知りたがり!』が始まる前、スミキチは週刊誌のグラビアに登場し、半ケツを見せている。元々海外暮らしをしていたこともあり、露出にあまり抵抗がない。一発逆転を狙って、今度はフルヌードにチャレンジするのでは? と言われており、脱がせ屋たちも暗躍しているみたいだ」

 四十路を迎え、完熟した住吉アナが裸になれば、大きな話題を呼びそうだ。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ