山本耕史の植木等役に無理ありすぎの声、ほかの違和感キャスティング

芸能ネタ 2017年08月24日 19時00分

俳優の山本耕史が、植木等を演じるドラマ『植木等とのぼせもん』(NHK)の放送が9月より始まる。ドラマの舞台は『スーダラ節』が大ヒットを記録し、植木がスターダムに上り詰めた時代である。植木のもとに、のちに付き人となる小松政夫が現れ、クレイジーキャッツのハナ肇、谷啓など実在の人物が多く登場する。お寺の息子に生まれた植木は、本来生真面目な人間であり、ちゃらんぽらんなイメージとのギャップに悩んでいた。そうした知られざるエピソードもドラマでは描かれる。

 これを受けネット上では「山本耕史と植木等って全然イメージ合わない」「山本、役柄の振れ幅広すぎだろ」といった違和感を示す声が聞こえる。実在の人物を、俳優や女優が演じる場合、ギャップが指摘されることは少なくない。

 「2015年に放送された『赤めだか』では立川談志をビートたけしが演じて話題になりました。本作は2011年に亡くなった立川談志の弟子、談春のエッセイが原作です。談春役は嵐の二宮和也が演じました。生前に親交があった“たけしの談志”の演技は素のビートたけしそのものでした。そこにコアな落語ファンの中には違和感を示す人もいましたね。同じく放送作家の高田文夫を、関西出身のラサール石井が演じたことにも批判が集まりました」(芸能記者)

 ただ『赤めだか』の場合、あえてギャップのある配役をぶつけたといえる。それが、再現ドラマやドキュメンタリーとは違った味わいを生み出す。一方で、本人に似せたキャラクターを演じるパターンもある。

 「1996年に横山やすしが亡くなると、翌年に追悼ドラマ『おこるでしかし!俺は浪花の漫才師』が放送され、そこで横山を演じたのは的場浩司でした。的場は粗暴さをあわせ持った横山のキャラクターを見事演じきりました。メイプル超合金の安藤なつは、2014年に放送された『ナンシー関のいた17年』に出演し、見た目がナンシー関本人に激似と話題になりましたね」(前出・同)

 実在の人物を演じる場合、思い入れのあるファンも多いため何かと批判を受けやすい。山本耕史にはそれをはね返すような演技力を発揮して欲しい。

ピックアップ
板尾創路不倫発覚で、文化人路線がおじゃん?

板尾創路不倫発覚で、文化人路線がおじゃん?
2017年11月22日 22時54分 [芸能ネタ]

レコ大の前最高責任者が暴露した汚れた裏側

レコ大の前最高責任者が暴露した汚れた裏側
2017年11月22日 22時43分 [芸能ネタ]

芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る