search
とじる
トップ > 芸能ニュース > バラエティ番組で出た“魂のひとこと”(6) 「距離が近づくのが嫌」(若林正恭)

バラエティ番組で出た“魂のひとこと”(6) 「距離が近づくのが嫌」(若林正恭)

 オードリーで、「若さま」と呼ばれている若林正恭のほうが、春日俊彰より高い人気を誇っているのは周知の事実。ところが彼。極度の人見知りで、人間嫌いだ。4日にスタートした新番組『たりないふたり』(日本テレビ系)では、番組唯一の共演者である南海キャンディーズ・山里亮太にむかって、「距離が近づくのが嫌」と本音をポロリ。同期にもかかわらず、「くん」ではなく「さん」づけで呼んでいるという。

 そんな若林にとって地獄の現場が、飲み会。「何をしゃべっていいのかわかんない」という理由で大の苦手。誘われる前に帰る、出演者とエレベーターでバッティングしないようにする、「次の現場がある」と慌てる、「ネタ作りをしないといけない」と余裕を消すなど、数年で編みだした断りの名台詞は数知れず。

 しかし、若手時代はそうもいかない。強制的に参加したが、ここでも若林マジックをいくつも編みだした。

 料理が鍋コースの場合は、ひたすらアクを取る。気づけば、運ばれてきたときよりも、ダシが透き通っている。

 「俺がおまえぐらいの年だったときはな…」と、先輩からの説教がはじまると、“まきびし”という技で切り抜ける。それは、聞いているふりをしながら、財布の小銭を床にばらまいてしまうものだ。「話の途中ですみません」と謝りながら小銭を拾い、「手が汚れちゃったんで」とトイレに逃げる。

 会を終えたいときは、「デザート、いいっすか?」と終了の意思表示と確認。さらに、着ているジャケットに何度も手を当てて、よそよそしい雰囲気を出し、「このあとに仕事がある」ことを身体で伝える。

 人見知り芸人・若林。人嫌いが人を笑わせる商売をしているのだから、因果なものだ。(伊藤由華)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ