歌蔵のロッケン問答 ホッピー神山編

芸能ニュース 2008年06月25日 15時00分

歌蔵のロッケン問答 ホッピー神山編

 今回の「ロッケン問答」のお相手はホッピー神山。テレビだったら、“ピーッ!”だらけで、番組にならないほどの、ぶっちゃけトークを聞かせてくれたが、ここではヤバい部分はカットしてお届けしよう。

 歌蔵「ホッピーさん、名前の由来はやはり飲み物から?」

 ホッピー「そう。70年代に好きだったんです。新宿の安い飲み屋に行くとホッピーがジョッキで200円!安かった(笑)。当時在籍していたバンドで飲みに行こうという時に、私は10代で金がないから、ホッピー飲みに行きましょうよって言ったら、リーダーが、『そうか、お前はそんなにホッピーが好きなのか、じゃお前の名前は今日からホッピーだ』って(笑)。で翌月、音楽雑誌に新メンバーはホッピー神山に決定!って書かれてあった(笑)。もっと高い酒にすれば良かった。ナポレオン神山とか(笑)。」

 歌蔵「そのホッピーさんが10代からずっとかかわっている音楽業界。どういうヴィジョンを持って今まで活動されてきました?」

 ホッピー「自分の主義主張は通しておかないと、と思って活動してきたかな。」

 歌蔵「それはパンク的な考え方ですよね。」

 ホッピー「しいて言えばね。ただ私はパンカーではないから(笑)。自分の居場所を確保するだけの発言。言いたいことも言わず主張もせず、世間に媚びた音楽を作り続けて売れる。で、売れなくなったら周りに誰もいない。もう誰もそんなミュージシャンを使わないですよ。戻る場所すらない。」

 歌蔵「やはり純粋に音楽に取り組んでた頃には戻れませんかね?」

 ホッピー「無理でしょう。売れている時でも自分の違う面を出しときゃいいんだ。けどそれもやってないと戻れないでしょうね。」

 歌蔵「ホッピーさんのバンドでの立ち位置もファンとしてはすごく興味深かった。」

 ホッピー「自分の考えとしては、ステージで自分が一番真ん中にいちゃダメなんだ。良い会社というのも社長がワンマンじゃなくて、社員をうまく泳がせる。これが良い会社です。周りがノッてくると良いフィードバックが返ってくる。だからキーボードもずっと弾いていちゃダメ。私の場合はスキマ産業みたいなもんです。」

 歌蔵「ヴォーカルやギターの間に入った音がホッピーさんの場合、非常にセンスが良かったというか。」

 ホッピー「私は引き算ですね。日本人は足し算が多い。どんどん足して分厚い音になってしまう。」

 歌蔵「確かに聞き苦しいです(笑)。しかしホッピーさんはリーダー気質でもない。」

 ホッピー「リーダー嫌いですから。メンバーと同等の立場でいたい。」

 歌蔵「様々なバンドやソロ、プロデュース活動と平行して自らのレーベル、ゴッドマウンテンレーベルを立ち上げました。」

 ホッピー「日本のバンドマンたちはバイトをやりながら音楽活動をする。音楽は趣味でいいという考えが多い。欧米は自分の音楽の権利は自分で守る。インディーズでもメジャーでもそう。日本は著作権等でネゴシエーションすることを良しとしない風潮があるんです。」

 歌蔵「そこを義理人情とかいう言葉でごまかしたりするんですよね。」

 ホッピー「そう、あいまいにする。良い所もあるんだけど。」

 歌蔵「結局、最後はだまされたとか言って決裂してしまうんですね。」

 ホッピー「私は最初にイエスかノーかはっきり言ってくれと提示するんです。ノーと言われても怒らない。むしろあとからノーと言われても困る。私のこういう所は日本的じゃないと言われるんです。欧米的なんでしょうね。だからホッピー神山は強引だと言われたりする(笑)」

 歌蔵「正しいことを言ってるだけなのに(笑)」

 ホッピー「ここ20年ほど海外での活動をしていて、それは痛感しましたね。私はシンパが1〜2人でもいい。本当に理解してくれる人がいればね。

 歌蔵「ホッピーさんらしいなあ(笑)」

 ホッピー「いきなりメジャーデビューしたら、打ち上げとかも調子いいこと言ってくるヤツが急に増えちゃって、今までは居酒屋で打ち上げだったのに、急に100人も入るおしゃれな会場借りちゃったりしてね(笑)」

 歌蔵「ホッピーさんが在籍していたピンクもそんな感じだったんですか?」

 ホッピー「いや、ピンクは思ったより売れなかった(苦笑)。ただなぜかピンクはナベプロ所属だったんです。だから「夜のヒットスタジオ」とかにもぶち込むことができた。けれど当時は大変でね。最初の3年間は給料は一銭ももらえなかった。これでどうやって暮らすのよ!?って(笑)」

 歌蔵「当時はバブル全盛なのに(笑)。ホッピーさん、ピンク再結成しましょうよ!」

 ホッピー「いや、またニューアルバム出してツアーやるっていうんなら考えますよ。けどただ一夜限りじゃ、GSバンドの再結成と何ら変わりないでしょ。」

 歌蔵「今はピストルズやポリスにしても昔の曲を演奏するのみの再結成が主流になってますよ。」

 ホッピー「向こうのバンドはワールドツアーやるだけで大金が転がり込むでしょ。そうなると僕らは何のために再結成をするのか?」

 歌蔵「僕たちみたいなファンのためにです!(笑)。ホッピーさんにとって音楽とは?」

 ホッピー「私にとって音楽は2つしかない。良い音楽と悪い音楽、面白いものとつまらないもの、これだけ。大型レコード店に行くと各フロアーがあって、さまざまなジャンルに分かれているけど、私には2つしかジャンルがないんです。悪い音楽が耳に入ってくると体に悪いですから。普段の生活としては、自分が興味を持った人と会って話をして、いいなと思った人と演奏する。今日の日記としてこれからも音楽を毎日作っていければいいなと思ってます。」

 歌蔵「今日はどうもありがとうございました。これからも良い音楽、期待してます!」

〈プロフィール〉
 ほっぴー かみやま 1960年2月22日生まれ。「爆風銃(バップガン)」、ビブラトーンズなどのバンド活動を経て、1983年、PINKのキーボーディストとしてメジャーデビュー。解散後は布袋寅泰、氷室京介などのメジャーアーティストのプロデューサー、アレンジャー、キーボーディストとして活躍。一方で93年に自身のレーベル「ゴッド・マウンテン」をスタートさせ、海外でも高い評価を受けている。

関連画像
  • 歌蔵のロッケン問答 ホッピー神山編
ピックアップ
竹内涼真の体重10キロ減る

竹内涼真の体重10キロ減る
2017年10月20日 22時43分 [芸能ネタ]

今度はボディーガード役に初挑戦するキムタク

今度はボディーガード役に初挑戦するキムタク
2017年10月20日 22時31分 [芸能ネタ]

降板&移籍報道の宮根アナどうなる?

降板&移籍報道の宮根アナどうなる?
2017年10月20日 18時06分 [芸能ネタ]

有吉の強力ライバルはハーフモデル?

有吉の強力ライバルはハーフモデル?
2017年10月20日 12時24分 [芸能ネタ]

芸能ニュース新着記事

作品が評価されるのは「香取慎吾」だからなのか?
2017年10月15日 22時05分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る