search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 玉川氏「全部やるって言いませんでしたか? 嘘か!」政府に激怒? 外国人ビジネス関係者入国継続に声荒らげる

玉川氏「全部やるって言いませんでしたか? 嘘か!」政府に激怒? 外国人ビジネス関係者入国継続に声荒らげる

pic pic

画像はイメージです

 検討されていた外国人ビジネス関係者の入国禁止が一転継続となったことを受け、テレビ朝日報道局局員玉川徹氏が8日の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、「昨日の首相の発言は嘘か!」と言い放った。

 政府による緊急事態宣言が発令された後のこの日のスタジオは、玉川氏のほか、ゲストの吉永みち子氏、長嶋一茂氏の3名がリモート出演となった。

 番組内容も、緊急事態宣言の話題一色だった。医療体制の逼迫や飲食店の午後8時以降営業自粛、緊急事態宣言解除の目安などのテーマを取り上げた後、話題は「外国人の入国制限」に移った。まず、斎藤ちはるアナウンサーが今日の朝日新聞記事『ビジネス入国一転継続』を紹介した。記事の内容は、中国・韓国を含む11の国と地域からビジネス関係者などの入国を認めてきた制度を、緊急事態宣言中も継続することを決定したというもの。

 司会の羽鳥慎一アナウンサーはこの記事に関連して、与野党双方から即時停止を求める声があるものの、総理に入国継続の強い思いがあることを紹介した。そして、二階派の議員から「ビジネス往来を止めると経済が止まる」という主張があったことも付け加えた。

 ​>>玉川氏「なんで海外の知見を持ってきてるんだ」コロナ対策分科会の発表に苦言「基準に見合ったものだけ使っている」<<​​​

 これについて、吉永氏や長嶋氏は、変異株が来てしまうことの懸念など具体的なコメント。しかし、玉川氏は発言を促される前からすでに、逆上気味の表情だった。そして、「確か昨日の会見で、やれることは全部やるって言いませんでしたかね?」と憤慨気味に発言後、「嘘か!…以上です」と締めくった。これに対し、羽鳥アナも反応できず、「はい」と弱々しく返事をするのがやっとだった。

 このやり取りが放映された後のネットでは「怖いほどの迫力満点」「スタジオも凍りついた」「ズバッと一刀両断で、気持ちいい」など、玉川氏の気迫を伝える書き込みの一方で、「経済と両立が大事だ」「経済回らないと自殺者が増える」などの批判もあった。

 この1か月間で新型コロナ感染が収束しなければ、夏のオリンピック開催も怪しくなる。まさに年明け早々、日本にも正念場が訪れている。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ