search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 「密会はいっぱい重ねてる」田原俊彦の不倫疑惑や“ミニスカ美女”らとのデートがスルーされたワケ【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

「密会はいっぱい重ねてる」田原俊彦の不倫疑惑や“ミニスカ美女”らとのデートがスルーされたワケ【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

pic pic

田原俊彦

 2011年10月にスタートした『爆報!THE フライデー』(TBS系)が、来年3月で終了する運びとなった。同番組は司会をお笑いコンビ・爆笑問題、スペシャルゲストMCをタレント・田原俊彦が務め、芸能人の知られざる一面を紹介する企画や、元芸能人にスポットを当てる「あの人は今」のような企画で好評を得ている。番組終了に伴い、田原は唯一のレギュラー番組を失うこととなる。

 田原というと、1979年放送のドラマ『3年B組金八先生』(同)で俳優デビューし、共演した歌手・近藤真彦とギタリスト・野村義男とともに「たのきんトリオ」の愛称で爆発的な人気を博した。80年発売のシングル『哀愁でいと』で歌手デビューして以降は、80年代のトップアイドルの地位を築く傍ら、俳優としても飛躍。ジャニーズ事務所の中でも別格の存在となったが、91年1月に独立した。だが94年2月、長女でタレント・田原可南子の誕生会見で「僕くらいビッグになると…」と放った“BIG発言”が世間のひんしゅくを買い、表舞台から姿を消した過去がある。

 そんな田原も来年2月には還暦を迎える。とはいっても、老いを感じない魅力とアグレッシブさはいまだ健在だ。それゆえか、女性との密会報道は後を絶たない。

 「田原は1993年10月にモデルの向井田彩子と結婚し、2児の父に。“BIG発言”で長らく苦節の日々が続きましたが、向井田の献身的な支えもあり、やがて芸能界への復帰に成功。『爆報』の出演で再ブレイクを果たした田原ですが、19年3月発売の『女性自身』(光文社)では夫婦の別居が報じられた。向井田は近所のバーでバイト生活を送っているといいます」(芸能ライター)

 その原因となったのが、2015年4月発売の『FRIDAY』(講談社)が報じた女優・吉田恵智華との“不倫密会”だという。記事によると、14年の秋頃から田原は吉田の自宅マンションや都内の高級ホテルで密会を重ねていたという。

 同誌の発売前夜、都内のレストランを後にする田原を『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が直撃。取材に応じた田原は、吉田との関係について「普通のお友達だよ。“カフェ友”です」と説明し、「密会はいっぱい重ねてるよ。いろんな女の子とご飯食べてるからね」とイロ男ぶりを強調。吉田が特別な一人ではないとアピールした。

 ​​>>不倫騒動での会見でイメージダウンした宮迫博之、迷言を生み出しただけ渡部よりマシだった?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】<<​​​​​​

 一方の吉田も同日、自身のブログで「熱愛等は全くないです」と全面否定し、騒動を謝罪した。

 だが、これに懲りない田原は2019年3月、都内で20代とみられる全身ブランドづくしの女性を愛車のポルシェに同乗させ、デートしていたようだ。この一部始終を『女性自身』が激写。同年7月には東京・六本木のスタバのテラス席で“ミニスカ美女”とのデートを『FRIDAY』がパチリ。さらに今年6月、東京で緊急事態宣言が解除された2日後に前回と別の“ミニスカ美女”とのドライブデートを同誌はスッパ抜いた。

 相変わらずのBIGぶりを炸裂させている田原だが、昨今は不倫が御法度の芸能界にもかかわらず、なぜかノーダメージのままだ。

 11月、元“同士”の近藤が不倫を『週刊文春』(文藝春秋)に報じられ、活動休止に追い込まれた。同月放送のラジオ『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に出演した太田光は「マッチは、あんだけ騒がれてるのに、トシちゃん何も騒がれない」と指摘。その上で、「失うものがないから」「自由に生きてる人だから」と田原を分析し、「こんなに(2人の)明暗が分かれるとは思わなかった」と述べた。

 たしかに、田原が騒動に発展しないのは疑問だが、次はないと肝に銘じた方がよさそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ