search
とじる
トップ > スポーツ > FA残留のロッテ・荻野に「出て行ってもらいたかった」反発の声? 生え抜きベテランの複数年契約に賛否が分かれるワケは

FA残留のロッテ・荻野に「出て行ってもらいたかった」反発の声? 生え抜きベテランの複数年契約に賛否が分かれるワケは

pic pic

画像はイメージです

 昨年6月に取得した国内FA権を、今オフ行使するかどうかが注目されていたロッテのプロ11年目・35歳の荻野貴司。2日、その荻野が権利を行使せずロッテに残留する見通しとなったと複数メディアが報じた。

 報道によると、荻野はソフトバンクに2連敗し今季終戦となったCS(11月14、15日)終了後からFA権行使を検討していたとのこと。だが、球団が複数年契約を提示し強く慰留したことを受け、プロ入りからプレーするロッテへの残留を決断したという。

 今オフのロッテは11月30日にリリーフ・澤村拓一が海外FA権行使を表明し、同じくリリーフの唐川侑己、松永昂大もFA行使を検討中。また、チェン、ハーマンの両助っ人も保留者名簿から外れるなど投手陣の大量流出が起こる可能性が浮上しているが、その状況の中ひとまず野手陣の主力である荻野の引き留めには成功した形となる。

 >>ロッテ・澤村、トレードの原因はプロ2年目にあった?「どうしたのこの体」川口元コーチが投球を狂わせた誤算を明かす<<

 荻野の残留を受け、ネット上には「今オフは流出関連のニュースばかりだったけど荻野は残ってくれて本当に良かった」、「年齢を考えると、この複数年で生涯ロッテも確実になったかな」、「フロントはこの調子で他選手の残留も成功させてくれ」といった反応が多数寄せられている。

 一方、「故障体質の35歳に複数年はリスク高すぎ」、「藤原とか和田とか若手も出てきてるし、無理に慰留に動く必要は無かったのでは?」といった否定的なコメントも複数見受けられた。

 「2010年のプロ入りからロッテでプレーする荻野は、今季までのプロ11年間で『784試合・.280・32本・214打点・774安打・220盗塁』をマークしている俊足巧打の外野手。ただ、2012、17、19年以外はいずれもシーズン中に故障離脱するなど怪我の多い選手でもあり、今季も右足の負傷で53試合の出場にとどまりました。球団は荻野が生え抜きでファン人気も高い選手であることや、ベストナイン、ゴールデングラブを獲得した昨季のように体調が万全ならリーグ屈指の実力があることを加味して慰留に努めたのだと思います。ただ、今回の複数年契約により荻野の年俸は今季の7800万円(推定)から1億円前後になることが濃厚ですので、一部ファンはフル稼働を計算しにくい荻野への厚遇はコストパフォーマンスが悪いのではと疑問を抱いているようです。また、藤原恭大や和田康士朗といった若手外野手が今季頭角を現したことを踏まえ、『若手育成のためにはむしろ出て行ってもらった方が良かった』と主張するファンも散見されますね」(野球ライター)

 流出の話題が相次いで噴出する中、ファンにとっては朗報といえそうな荻野の残留。ただ、来季36歳になるベテランの残留を手放しでは喜べないファンも少なからずいるようだ。

文 / 柴田雅人

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ