search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(11/18)「第41回サンタアニタトロフィー(SIII)」(大井)

ハッシーの地方競馬セレクション(11/18)「第41回サンタアニタトロフィー(SIII)」(大井)

pic pic

画像はイメージです

 一気に来られて・・・。先週川崎競馬場でおこなわれた「第31回ロジータ記念(SI)」。本命に推したアクアリーブルは、まずまずのスタートからスッと2番手の位置を取る。勝負どころでは馬なりのまま先頭に並びかけ、直線に入り満を持して追い出されたが、勢いよく伸びてきたルイドフィーネに対応できず2着。本馬自身しっかりと脚を使っていたが、一気に来られた分対応できなかった。それでも3着馬には1秒3差も付けており、2頭の力が抜けていたということ。来年の古馬牝馬路線を背負っていく2頭となるだろう。

 さて、今週は「第41回サンタアニタトロフィー(SIII)」が大井競馬場でおこなわれる。

 本命に推すのはグレンツェント。前走のスパーキングサマーカップ(SIII)では、スタート直後にバランスを崩したがすぐに立て直し、勝負所では上手く外へ出すと上がり勝負となった中、次位より0秒6も速い上がりを使って差し切り勝ち。これで4戦続けて3着以内と、移籍直後の不振が嘘のよう。南関東の環境に徐々にフィットしてきたのだろう。大井競馬場では勝ち星がないものの、前々走で2着に入っているように決して苦手なわけではない。今回のメンバーなら力は一枚上、勝ち負け必至だ。

 相手本線はロードアルペジオ。前走は大外枠の上、スタート間もなくコーナーという浦和の1900m戦ということもあり、無理にポジションを取りに行くことなく最後方からの競馬。3コーナー手前から仕掛け始め、グングンと先頭との差を詰めていったが、流石に前半離され過ぎていたため、最速の上がりを使って追い込んだが5着まで。前半型の消耗戦となったが、上位は前に行った馬で決まっており、着差ほど力差はないと見る。今回はゆったりと走れる大井競馬場となれば、上位争いになる可能性は高いと見る。

 ▲はコパノジャッキー。
 以下、アドマイヤゴッド、ハルディネロまで。

◎(7)グレンツェント
〇(14)ロードアルペジオ
▲(12)コパノジャッキー
△(15)アドマイヤゴッド
△(16)ハルディネロ

買い目
【馬単】2点
(7)→(12)(14)
【3連複2頭軸流し】3点
(7)(14)-(12)(15)(16)
【3連単フォーメーション】6点
(7)→(12)(14)→(12)(14)(15)(16)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ