search
とじる
トップ > スポーツ > オリックス、ディクソンら3選手が帰国「来年に繋げていきたい」

オリックス、ディクソンら3選手が帰国「来年に繋げていきたい」

pic pic

ディクソン

 オリックスは、クローザーのブランドン・ディクソン投手、セットアッパーのタイラー・ヒギンス投手、野手のアデルリン・ロドリゲス内野手が帰国したと発表した。

 来日8年目のディクソンは、昨シーズン途中から務めていたクローザーを開幕から1年間通じて全う。39試合に登板、16セーブ、防御率は3.28だった。

 「今年はコロナ禍で通常より長いシーズンとなりました。それは、自分だけでなく、野球選手だけではなく、世界中の人がそれぞれ大変な思いをしたということだと思います。そんな中、自分はプロ野球選手として何か皆さんに希望を与えられないかという思いを持ちながらプレーしました。チームは残念な結果に終わりましたが、誰も最後のアウトまで諦めませんでした。今年のこの色々な思いを来年に繋げていきたいと思います。素晴らしい未来が来ますように」

 と、日本人契約(10年)を目標としている本人は、9年目のシーズンに向けて強い意欲を示している。今年は毎年球場まで応援に駆けつけていた家族が球場に姿を見せることがなかっただけに、来年は再び家族の応援を京セラドームで受けたいところだろう。契約は今年までなので、今後はオリックス球団の判断に委ねられる。

 ヒギンスはセットアッパーとして41試合に登板。19ホールド、防御率2.40と1年目から安定した数字を残した。

 「初めての日本のシーズンはコロナ禍で通常とは違うシーズンだったとは思いますが、自分が想像していたよりも素晴らしいものでした。妻も含め、周囲の方のサポートでとても心地よく過ごすことができ、また、球場内、球場外において日本の文化を楽しむことができました。あれほどのファンの皆様の声援も初めての経験でとても力になりました。また来年お会いできることを楽しみにしています」

 春季キャンプから日本をエンジョイしていただけに、日本の野球への対応も早かった。球団は来季も必要な戦力として再契約する方針だ。

 アダム・ジョーンズ外野手とともに主砲として活躍が期待されたロドリゲスは、パンチ力の凄さは見られたものの、59試合に出場、打率.218、本塁打6、打点25と成績は振るわなかった。

 本人は「初めての日本のシーズンは、全てが自分の想像通りではなく、思い通りにいかなかった部分もありましたが、非常に良い経験になりました。今までに経験したことない事が多々あった今シーズンは学ぶことがたくさんありました。その中でも、来年もし戻って来られたらどのように準備をすべきかといった、来季に向けての良いアイディアも得ることができました。コロナの影響で、自分自身だけではなく、すべての人にとって通常とは違う1年に、長い1年になったと思います。この長い1年もまた、精神的に私を強くしてくれましたし、1年間戦い抜く事ができて嬉しいです。パ・リーグには良い選手がたくさんいますが、特にオリックスは若い才能をもった選手がたくさんおり、近い将来、彼らは勝つために必ずチームを助けるような存在になると思います。我々オリックスにとって非常に明るい未来が待っていると思いますので、もしその一員に加えてもらえるのであれば、しっかりとチームの力になれるように、さらに強くなって、準備をして戻ってきたいと思います」と再契約を希望しているが、残念ながら契約は流動的だろう。

 ジョーンズはシーズン中に帰国。再契約が有力なスティーブン・モヤ外野手は近日中に帰国予定。オリックスは外国人の補強調査を続けており、そろそろ野手で「当たり」を引いてもらいたい。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ