search
とじる
トップ > 芸能ニュース > バチェロレッテ最終回で大荒れ? 指原莉乃が「お前っていう男の人やだ」出演男性は「影響力ありすぎる方が言わないで」

バチェロレッテ最終回で大荒れ? 指原莉乃が「お前っていう男の人やだ」出演男性は「影響力ありすぎる方が言わないで」

pic pic

指原莉乃

 Amazonプライム・ビデオで配信されている『バチェロレッテ・ジャパン』が10月30日配信分で最終回を迎え、その余波が広がりを見せている。

 バチェロレッテ・福田萌子さんの決断に大きな反響が集まった本作だが、実は最終回と同時に公開された「アフターファイナルローズ~旅の終わりは私が決める~」が今、最終回と同じかそれ以上にネット上で物議を醸している。

 ​>>番組MCも電撃結婚! 話題沸騰の『バチェロレッテ』、遂に最終話が公開へ 先行動画で衝撃のセリフも?<<​​​

【以下、ネタバレあり】

 「アフターファイナルローズ」では、これまで福田さんからローズをもらえず落とされた男性たちが集まり、福田さんと再会することになったが、福田さんが最後に残った黄皓さん、杉田陽平さんのどちらにもローズを渡さなかったことでほとんどの男性陣の不満が爆発。「いい加減にしろよ」「意味が分からない」などの言葉が飛び交う事態となり、視聴者からは「真剣にやってきたからこの結果に怒るのは仕方ない」といった擁護のほか、「好きな女性の決断に対する言葉ではない」といった批判も起こっていた。

 また、参加者の一人である萩原章太さんは特に福田さんへの抗議が目立った一人で、福田さんの決断に対し、「なに言ってんのこの人?」「お前、(自分の)本当を見せろよ。全然上っ面」と発言。福田さんを前にしても、「好きだからこそイライラする」「卑怯だなと思う。自分が一番逃げてる」と批判していた。

 これについて、『バチェラーシリーズ』で番組ナビゲーターとして出演してきた指原莉乃は、10月30日にツイッターで「お前っていう男の人やだわ~ん アフタートーク離脱してしまった」とコメント。「『お前』が嫌だというより(嫌だけど)それだけじゃなくてアフタートークの雰囲気が嫌だっただけ」と、男性たちが福田さんを責め立てる雰囲気に対し拒絶感を示していたが、萩原さんは1日に指原のこのツイートに反応。「さっしーさん影響力ありすぎる方がこれ言わないで~」と訴え、「プチ炎上してるからさらに…のっかってくる人たくさんいるから」と、「アフターファイナルローズ」が原因でプチ炎上してしまったことを明かした。

 さまざまな意見が集まった「アフターファイナルローズ」。しかし、福田さんがいない場では不満を吐露し、福田さんが登場した途端口をつぐむ参加者もいた中、萩原さんは自身の考えを福田さんにぶつけ、さらに福田さんの決断の裏側を知ると、「萌子さんの気持ちも分かる」と号泣する場面も。その素直さに心を打たれた視聴者もいただけに、萩原さんの元には、「正直な思いを言っていてすごく良かったと思います」「最後まで見て、萩原さんは素直で真っ直ぐな方なんだろうなって思いました」「本当の萩原さんのピュアさ伝わってきましたよ」というエールが集まっていた。

記事内の引用について
指原莉乃公式ツイッターより https://twitter.com/345__chan
萩原章太ツイッターより https://twitter.com/shota_h76

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ