search
とじる
トップ > 芸能ニュース > モー娘。を国民的グループに変えた?「テレ東音楽祭」AKBコラボも話題、現役時代のゴマキ最強伝説

モー娘。を国民的グループに変えた?「テレ東音楽祭」AKBコラボも話題、現役時代のゴマキ最強伝説

pic pic

後藤真希

 9月30日放送の『テレ東音楽祭』(テレビ東京系)に、元モーニング娘。のゴマキこと後藤真希が出演し、AKB48とスペシャルコラボを果たした。ゴマキはセンターポジションで、チェック柄の衣装にポニーテル姿で『会いたかった』『フライングゲット』『ヘビーローテーション』のヒット曲メロディーを熱唱。35歳のゴマキが、ほかのAKBメンバーを抑えて完璧なパフォーマンスを披露した。

 ​>>不倫報道後、仕事がほぼない? ゴマキがAKB48とコラボする理由は<<​​​

 モー娘。とAKBという新旧アイドルのまさかのコラボに、ネット上では「全然違和感ない」「今からでもいけるんでは」「やっぱりモー娘。って最強だったんだな」といった声が聞かれた。

 ゴマキと言えば、ここ数年は『週刊文春』(文藝春秋)に報じられたファンの男性との不倫騒動と、芸能活動再開後に始めた得意のゲーム実況動画のイメージが強い。だが、もともとはモーニング娘。のフロントメンバーとして高い人気を誇っていた。

 ゴマキは1999年8月に、モーニング娘。の追加メンバーオーディションに合格し加入する。モー娘。の追加メンバーは複数名が基本で、当初は2人を予定していたものの、ゴマキの場合は「才能が飛び抜けている」ため、1人の合格となった。加入直後の9月に発表されたシングル『LOVEマシーン』では、いきなりセンターポジションに就任し、大ヒットを飛ばす。

 これにより、それまでセンターの座にいた、なっちこと安倍なつみのポジションを奪ってしまう。グループ内で実力を競わせることによって、さらに高みを目指すのは、プロデューサーであるつんく♂の戦略でもあった。

 モーニング娘。は1997年に活動を開始するが、当初は10代を中心とする中高生のアイドルといった存在だった。ただ、徐々に知名度を高め、1998年の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。翌年にゴマキが加入することで、国民的アイドルになっていった。そんな彼女は人気絶頂期の2002年にグループを卒業する。

 それでも、約20年のブランクを感じさせなかった「元アイドル」ゴマキのさらなる活躍に期待したいところだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ