search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 丸山桂里奈(37)セックスは典型的な絶倫型!?

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 丸山桂里奈(37)セックスは典型的な絶倫型!?

pic pic

提供:週刊実話

 元サッカー女子日本代表のFW・丸山桂里奈が、元サッカー日本代表GK本並健治(56)と結婚! 日本代表同士の結婚というレアケースに加え、なでしこリーグ時代は監督と選手の関係で師弟婚となり、19歳差の年の差婚でもあって、まさにトリプル電撃婚だ。

 出っ張った頬骨にアスリートらしさが現れており、我が強く、勝ち気で、闘志満々。頬骨が横方向にも張っていて、攻撃性だけでなく忍耐強さも備えている。

 ただ、気が強いぶん、相学的には後家相(夫や恋人の運気を破り尅する相)で、夫婦運や家庭運を落としがちではある。

 現役引退後、顔相全般が丸くなり、頬骨が角張らず、頬に丸みがついて相を上げており、強い積極性と自己顕示性を維持してタレントとしても好相だ。

 臥蚕(下瞼の三日月形の部分)は格別豊かとは言えないものの、眼光に和気があり、上下唇に厚みがあって、心身ともにエロスのポテンシャルは高い。与える愛・奉仕愛の上唇がとても厚く、好意を覚えた相手には積極的で、ベッドに上がっても進んで愛戯で尽くす。

 田宅(上瞼)の目尻寄りが肉厚でふっくらしているのは、中年以降(まさにこれから)淫蕩さが増す相で、今後、結婚生活を経て、グッと色っぽい女相に変化していくだろう。

 大きめの口で歯列のアーチも大きく、アゴの骨格もしっかりしていて、金甲(小鼻)の張りも申し分なし。いかにもタフで、回数をこなす絶倫型セックスだ。

 笑った時に歯茎が露出するのは尻軽相の1つで、遊ばれてもメソメソしない楽天性を備えているため、セックス目当ての男にますますモテる。片エクボも同様で、誘惑に乗せられやすい相。【スタミナ度】は満点の「5」、【官能度】【モテ度】は、ともに「3」寄りの「4」と高い。

 狭い眉間とやや狭の目間がともに名器相ながら、膣道の雛型とされる耳穴の下の溝が平凡で、口元の締まりがユルく、【名器度】は「3」。

 エラからアゴのラインが丸いのは(異性愛とは別の)人類愛・家族愛が厚く、家庭を大事にする良妻相だ。正面から鼻孔が覗かない矢印型の鼻は、守るべき秘密は守れる人で蓄財のセンスもある。高い頬骨はマイナスながら、【良妻度】は「3」寄りの「4」と高い。

 顔相的には本並とは似た者夫婦(特に鼻相がそっくりで好相性)で、うまくいってる間はすごくうまくいくが、得手不得手が共通しているため、逆境に入ると弱い難点がある。

 どちらも下停(鼻下からアゴ先)相が充実していて晩年運はかなりよい。生活力・生命力が現れる口相が、丸山も強いが本並はさらに強く、アゴが幅広で包容力もあり、「天然妻」の丸山を上手にコントロールしていきそうだ。

***************************************
【劉飛昶プロフィール】劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ