search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 結婚は「意味がない」 剛力彩芽オスカー退社で、懸念される前澤氏の結婚観

結婚は「意味がない」 剛力彩芽オスカー退社で、懸念される前澤氏の結婚観

pic pic

剛力彩芽

 女優の剛力彩芽が所属事務所のオスカープロモーションを8月31日付で退所した。剛力は復縁を果たしたZOZO創業者で実業家の前澤友作氏に、たびたび仕事についても相談を重ねていたと言われる。今後は前澤氏のバックアップのもと芸能活動を行っていくものと見られるが、一つの不安要素がある。それが前澤氏の結婚観だ。前澤氏は「あえて結婚を選ばない男」として知られている。

 ​>>意外な俳優との恋愛シーンも? 剛力彩芽が仕事を選ばなくなったワケ<<​​​

 前澤氏の有名な元カノと言えば、タレントでモデルの紗栄子だろう。2015年に知人の紹介で知り合い交際に発展。100億円とも言われる新居建設も報じられ、結婚秒読みかと言われたが、2年ほどで破局してしまう。そのはっきりとした理由は定かではないが、結婚を選択しない前澤氏と紗栄子の間に価値観のズレが生じたとも言われる。

 前澤氏は、剛力と一度破局する前の2019年1月に、『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)で、2人の女性との間に3人の息子がいることを明かしている。こうした一夫多妻制とも取れる価値観も、紗栄子には受け入れがたかったようだ。
また、前澤氏はパートナーの紗栄子をどこにでも連れ回し、そうした付き合いが嫌になったとも言われている。前澤氏としては、自己流のスタイルにパートナーが合わせて欲しいと望むが、それを女性側がどう受け入れるかが問題なのだろう。

 さらに、同年の11月下旬に剛力との破局が報じられた後、12月に放送された『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)でも、結婚観について問われ、「意味がないと思うんですよ。恋愛した瞬間に結婚同然と思って付き合うんで、付き合ってる途中にわざわざ紙を交わす必要性をあんま感じない、っていうだけですよ」と語っている。前澤氏が言う通り、婚姻届は紙切れ一枚にすぎない。そこに対して積極的な意味を見い出せないという気持ちはわからなくもない。だが、そうしたスタンスが時として、「決められない男」「だらしのない男」と見られてしまうのも確かだろう。

 剛力は前澤氏のそうしたスタンスにはすでに理解を示した上で、復縁をしたものと見られる。そのため、今回の事務所退社でも、今後の流れについては「事実婚」へ向かうのでは、と予測するメディアが多い。ただ、破局の原因は、自分について来て欲しいと望む前澤氏と、女優業に力を入れたい剛力の間に方向性のズレがあったと言われる。一度は価値観のズレから破局へ至ってしまったため、前澤氏の独特の結婚観や将来のビジョンについて、本当に剛力が付いていけるのかは気になるところだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ