search
とじる
トップ > 芸能ニュース > クドカンが『いだてん』の愚痴やコロナ感染を語ったラジオ番組、終了決定 TBSラジオの改革にファン動揺

クドカンが『いだてん』の愚痴やコロナ感染を語ったラジオ番組、終了決定 TBSラジオの改革にファン動揺

pic pic

画像はイメージです

 8月31日、TBSラジオの生ワイド番組、『ACTION』(毎週月曜日~金曜日15:30 ~17:30)が9月末の放送を以って終了することが同日、同番組のエンディングで発表された。

 本番組は、TBSラジオで24年放送を続けてきた『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の後継番組として2019年4月に放送開始。脚本家の宮藤官九郎、Creepy NutsのDJ松永、作家の羽田圭介など、前番組に比べて若い世代に向けた日替わりパーソナリティを配置。令和時代の新しいTBSラジオの看板番組を目指してきたが、僅か1年半の運命に終わってしまった。

 >>大学講師、松任谷由実に「早く死んだ方がいい」発言で炎上 安倍首相へのコメントに批判<<

 この突然の『ACTION』打ち切りの報告に、月曜パーソナリティの宮藤は「やっと楽しくなりかけた感じなのに」と残念がったほか、ラジオを聞いていたリスナーも突然の終了告知に、「あまりに早すぎる」「クドカンさんの言葉通りまさに『これから』って感じだったのに」といった声が相次いだ。同時に、TBSラジオ編成への批判の声も少なくなく、「なんのために『デイ・キャッチ!』を打ち切ったのか」「こんなに短命ならやらない方がよかったのでは?」という声も多く挙がった。

 前述の通り、前番組の『荒川強啓 デイ・キャッチ!』は24年も続いたTBSラジオの人気番組で、聴収率も決して低くはなかった一方、一部週刊誌などによると『デイ・キャッチ!』の終了は、荒川が70歳を過ぎ、「リスナーの固定化」を恐れたTBSラジオ上層部によるもので、「新しいリスナー層を獲得する」という名目で大手を振り、『ACTION』をスタートさせたものの、その作戦は見事に裏目に出てしまったようだ。

 特に、番組の終了をリスナーに伝えた月曜担当の宮藤は、今回の非常に残念がっているようで、『ACTION』の放送期間中には自身が脚本を担当するNHK大河ドラマ『いだてん』が大河史上最低平均視聴率を記録。本番組で「ネットでのエゴサを医者から止められている」「視聴率で負けたくなかった」と無念の思いを語ったほか、今年3月には宮藤は新型コロナウイルスにも感染。6月に復帰した際には、医師から「感染したことで落ち込むことによって、免疫力が下がるから落ち込むな」と注意されたことなどを本ラジオで語るなど、「激動の2年間」を本番組の放送期間中に過ごしているため、終了への思いもひとしおのようだ。

 なお、TBSは2020年9月から近年稀に見る「大改革」を断行。ワイド番組『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』と、『ジェーン・スー生活は踊る』の金曜放送が、9月いっぱいを以って終了するほか、現在平日22時から放送している『荻上チキ・Session-22』が、『ACTION』の後釜となり夕方から放送するなど、大幅にタイムスケジュールが変更になる。

 この改革も裏目に出なければいいが……。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ