search
とじる
トップ > スポーツ > ノア川崎で事件発生!中嶋勝彦が潮崎豪と決別し金剛へ!船木誠勝がM'sアライアンス入り!

ノア川崎で事件発生!中嶋勝彦が潮崎豪と決別し金剛へ!船木誠勝がM'sアライアンス入り!

pic pic

潮崎豪と決別した中嶋勝彦

 プロレスリング・ノアは8月30日、神奈川・カルッツかわさきで、ビッグマッチ『KAWASAKI,GO!2020』を開催した。

 セミファイナルでは、丸藤正道、武藤敬司、望月成晃のM'sアライアンスに、武藤が投入を予告していた『M』として、なんと船木誠勝が登場。丸藤によると、「勘違いしてる人も多いから説明するけど、イニシャルってのは姓でも名でも良いのです」とのことで、“MASAKATSU”のM'sアライアンス電撃加入が実現したのだ。金剛と対戦したM'sアライアンスは、船木と拳王という刺激的な絡みも見られた。最後は、その船木が稲村をハイブリッドブラスターで3カウントを奪っている。

 メインイベントでは、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&レネ・デュプリが返上したGHCタッグ王座決定戦が、潮崎豪&中嶋勝彦のAXIZと、杉浦貴&桜庭和志の杉浦軍の間で行われた。30分を超える激戦は、杉浦がGHCヘビー級王者である潮崎をフロントネックロックで締め落とし、レフェリーストップ勝ち。杉浦&桜庭が新王者となった。事件が起きたのは試合後のこと。

 新王者組の前に拳王が、マサ北宮&征矢学を引き連れて現れ、「こっちも喉から手が出るほどそのベルトが欲しい奴がいる、北宮と征矢だ!それと潮崎豪、なんだその無様な姿は。これがアイアムノアなのか?」と両チームを挑発。すると、これを見ていた勝彦がマイクを掴み、「おいっ!拳王!やってやるよ!」と言うと、グロッキー状態の潮崎を無理矢理起こして、リング中央に連れて行くと、潮崎にヴァーティカルスパイク!。勝彦は「やってやったよ。おいお前ら、見たか?潮崎豪、あんた俺のこと必要としてないでしょ。でもな、俺も、もうあんたを必要としてねぇんだよ。今日で終わりだ。そして、たった今から俺は金剛だ!」とAXIZを解散通告。拳王とグータッチをして金剛入りを果たした。緊急事態発生に、清宮海斗が潮崎の元に駆け寄り介錯。インタビュースペースで清宮は「何が起こったかまだ分からない」と困惑していた。

 ノアでは、9月18日から最強決定リーグ戦『N-1 VICTORY 2020』の開幕が決まっており、潮崎と清宮はAブロック、拳王と勝彦はBブロックで、それぞれシングルで対戦することが決定している。タダスケに加えて、勝彦まで加入した金剛は、ノアマットで勢力を増すばかり。M'sアライアンスも船木の登場で存在感を示しており、潮崎や清宮の奮起に期待したいところだ。

◆プロレスリング・ノア◆
『KAWASAKI,GO!2020』
2020年8月30日(日)
神奈川・カルッツかわさき 観衆 未発表
▼GHCタッグ王座決定戦
●潮崎豪&中嶋勝彦 (33分16秒 レフェリーストップ) 杉浦貴○&桜庭和志
※フロントネックロック
※杉浦&桜庭が第54代王者組となる
▼8人タッグマッチ
丸藤正道&武藤敬司&望月成晃&○船木誠勝(「M」) (19分13秒 体固め) 拳王&マサ北宮&征矢学&稲村愛輝●
※ハイブリッドブラスター

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ