search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 安藤優子、活動自粛の山Pに「神々しいまでに清々しいイメージ」発言 「逆のイメージだわ」の声も

安藤優子、活動自粛の山Pに「神々しいまでに清々しいイメージ」発言 「逆のイメージだわ」の声も

pic pic

安藤優子

 18日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でのMCの安藤優子アナウンサーの発言がツッコミを集めている。

 この日、番組では17日にジャニーズ事務所から一定期間の活動自粛処分が下されたタレントの山下智久と、厳重注意を受けたKAT-TUNの亀梨和也について特集。一部週刊誌が報じていた未成年女性との飲酒によるもので、ふたりは女性が未成年とは知らなかったと話したというものの、ホテルで女性と過ごしたと報じられた山下のみ活動自粛処分となった。

 ​>>加藤浩次、山Pと亀梨の処分の違いに「ホテルに行ったという報道があった」 視聴者から「スッキリした」称賛の声<<​​​

 番組では冒頭からこの騒動を取り上げ、厳しい処分の背景には事務所が新型コロナウイルス感染拡大防止の呼びかけを広く行っていたことがあるとしたほか、山下と亀梨の処分の違いなどについて話していたが、その中で安藤アナは山下について、「世間の反応だと思うんですけど、山下さんって清々としたイメージってあるじゃないですか。清廉っていうか。神々しいまでに清々しいっていうか。すごい美しい感じがする」とその印象を絶賛。今回の処分について、「そのギャップみたいなものはある気がしますけどね」と分析していた。

 しかし、この発言に視聴者からは、「逆にチャラチャラ遊んでるイメージしかないわ…」「どんな角度からの擁護だよ」「遊んでるイメージあっても真面目なイメージあっても、どっちにしろ今回のことは駄目だったと思う」といったツッコミが集まっていた。

 「山下といえば、14年6月に六本木の路上で口論になった女性の携帯電話を持ち去ったとして、同年10月に器物破損容疑で書類送検されています。示談が成立したことでその後不起訴となっていることに加え、そもそもは被害女性が無断で山下らを撮影していたことに端を発するトラブルということでファンから同情の声も集まっていましたが、報道以降、山下に夜遊びのイメージが強くついてしまったことは事実。以前の騒動を覚えている人も多くいるため、今回の安藤アナの発言には多くの疑問が集まったようです」(芸能ライター)

 世間のイメージと「清廉」という言葉のギャップにこそ視聴者は呆れてしまったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ