search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 小川彩佳“産後復帰赤信号”回避…セクシーキャラチェンジ仰天プラン

小川彩佳“産後復帰赤信号”回避…セクシーキャラチェンジ仰天プラン

 フリーアナの小川彩佳が第1子出産のため、メインキャスターを務めるTBS系報道番組『NEWS23』の産休に入ったことで、局内では“更迭論”がくすぶり始めたという。そうした中、リストラ回避のため、小川は出産直後の“仰天計画”を温めているというのだ。

「小川は昨年3月、医師兼会社経営者の男性と結婚し、今年2月に妊娠発表。去る7月3日に『産後は体調と相談しながら、再び皆様にお目にかかる予定です』などと話し、産休に入ったのです。しかし局内では“産休後の早い段階で小川を同番組から更迭すべき”との声が高まっているのです」(放送記者)

 小川は昨年4月にテレビ朝日を退社し、同6月からライバル局TBSの同番組メインキャスターに就任。期待は高かったが、当初から視聴率が2〜4%台前後と振るわず、同9月には同局佐々木卓社長が定例会見で「全く不十分」と番組に異例のダメ出しをしたほどだった。さらに、数字を取れないことに加え、小川が産休に入り、TBSの山本恵里伽アナらが代役を始めた7月6日以降、むしろ視聴率がアップするという現象が起きてしまった。

「例えば7月6日の月曜日は、前週よりも0.4ポイント上昇し4.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に。小川出演時は3%台の日も目立ちましたが、産休後は4%台に乗せる日が増えたのです。これで局内では“小川なしの方が数字がいいじゃないか”との声が噴出。TBSに限らず、コロナ禍による広告収入減などに対応するためフリーアナらのリストラを真剣に検討しているとされる民放各局だけに、産休後の小川リストラ論が強まり始めたわけです。局アナをメインキャスターに起用すれば局アナのモチベーションアップにもつながる上、大幅な経費節減になりますからね」(同・記者)

 結婚や出産の自由は保障されるべきだが、フリーアナの場合、一般的に、番組のメインキャスターに就任した直後などは妊活を避けるとされている。しかも、本来は今夏、東京五輪があったわけだから、なおさらだ。

「小川更迭論は視聴率が低迷した番組開始当初から局内でくすぶっていたため、小川としては早期の電撃解任を防ぐための、あえての妊活だった可能性もあります。しかし今回、“小川抜きの方が数字が良い”と明確に出てしまったわけですから、コロナ禍もあって、TBSが大ナタを振るう可能性が高まっているといえます」(番組制作会社関係者)

 そうした中、小川が生き残りを懸け、出産後の早い段階で“ママビキニ”などを駆使したセクシーグラビア展開などの“キャラチェンジ”を狙っているとのウワサが囁かれている。

「小川はかつて『嵐』櫻井翔と交際したほどアナウンサー界屈指の美人ですが、あまりにもお堅いイメージが強過ぎて、男性視聴者がついてこないのです。そこで出産後、体調が戻り次第、早い段階で田中みな実や鷲見玲奈らのようにグラビアにも登場し、男性人気を上げていく方針を固めているようです。本人は“どうせやるなら”と覚悟を決めているようで、ママとしての初水着はビキニになる可能性すら浮上しています」(芸能関係者)

 小川といえば、テレ朝時代にレギュラーだった『報道ステーション』で時折、ミニスカ美脚を披露。股間のデルタ地帯にパンチラが見えそうになるたびに、瞬間視聴率が跳ね上がったという伝説を持つ。

「美脚披露のためにビキニではハイレグが必須、そしてそれに釣り合うような極小ビキニで美乳を披露するプランが話し合われているとか。最初は男性誌などのグラビアに登場し、写真集も発売。男性ファンを一気に増やせば、復帰後の『NEWS23』視聴率が数%アップすることも十分考えられますよ」(同・関係者)

 大胆キャラチェンジを大いに期待したい!

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ