search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『SUITS』放送再開、「見てるだけで楽しい」好評の中“こじらせすぎ”“重い”と批判を集めた人物も

『SUITS』放送再開、「見てるだけで楽しい」好評の中“こじらせすぎ”“重い”と批判を集めた人物も

pic pic

新木優子

 月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)の第3話が27日に放送され、平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第2話の8.8%からは0.5ポイントのダウンとなった。

 4月13日からスタートした本作。しかし、2話まで放送した時点で、新型コロナウイルス感染拡大による撮影休止で放送もストップしていた。そんな中、3か月以上ぶりに放送が再開した第3話では、上杉(吉田鋼太郎)がシニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカ(鈴木保奈美)が、企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐(織田裕二)に命じ――というストーリーが描かれた。

 ​>>『スーツ2』2話も「逆転勝利」ストーリー好評も、最後に視聴者大ショック?「なんで放送したの」<<​​​

 久しぶりの放送に、ドラマファンからは喜びの声が集まっているという。
 「本作の一番の特徴は、キャストの豪華さや、アメリカナイズされたお洒落さ。新型コロナウイルスにより、いまだリモートワークや時差通勤などが続き、思うように働けない人たちが多い中、きらびやかな世界でバリバリ仕事をこなしていく登場人物たちに対し、『やっぱり憧れる!』『お洒落なオフィス服見てるだけで楽しい』という反響が集まっていました。冒頭では、チカが大輔(中島裕翔)をディナーに誘い、これまでのことをさまざま聞き出した挙句、大輔に奢らせるという場面がありましたが、甲斐によると、かつて同じことをされた人間は皆シニアパートナーになっているとのこと。このシーンについても、『遠回しな期待の掛け方が格好いい』という声が聞かれました」(ドラマライター)

 とは言え、一方では登場人物のある行動が物議を醸した。
 「第2話では、大輔と真琴(新木優子)が交際をスタートさせましたが、今話で真琴は『嘘のない関係でいたい』という想いから、自身のことをすべて大輔に知ってほしいと伝えていました。しかし、その想いに応えると、大輔は甲斐が自身のために作ってくれた秘密を必然的に第三者に暴露してしまうことになり、思い悩んだ大輔は真琴との別れを選び、結局二人は破局。この展開に、二人のファンからは残念がる声が聞かれましたが、真琴の『嘘のない関係でいたい』『私のことも全部知ってほしい。前の職場のこと、家族のこと、子どもの時のこと』という言葉には、『こじらせすぎてる』『重すぎてこれ十分振られる理由になる』といった厳しい声が。多くのツッコミが寄せられてしまいました」(同)

 果たして、今後二人の関係はどうなっていくのだろうか――。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ