search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 梅沢富美男「俺も人のこと言えた義理じゃないけど…」アンジャ渡部を“女の子を大事にして”と批判

梅沢富美男「俺も人のこと言えた義理じゃないけど…」アンジャ渡部を“女の子を大事にして”と批判

pic pic

梅沢富美男

 6月11日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に、複数の女性との不倫関係が『週刊文春』(文藝春秋)に報じられたアンジャッシュの渡部建の話題になった。

 梅沢富美男は「まず悪いのは渡部。俺も人のこと言えた義理じゃないけど、もうちょっと女の子を大事にしてあげないと。俺はそれに尽きる。いくらなんでも道具にしてるね」とバッサリと切り捨てた。これには、ネット上で「梅沢、かなり厳しいな」「弁解の余地なしってところだろう」といった声が聞かれた。

 梅沢と言えば、昭和の時代から活躍しているだけあり、「女遊びは芸の肥やし」といった価値観があった時代の人物ではある。ただ、それでも渡部には擁護する部分はまったくないと考えているようだ。さらに、渡部の嫁である佐々木希とは仕事で共演し、佐々木の父親役を演じたこともある。浅からぬ縁があるため、怒りは人一倍のようだ。

 渡部は六本木ヒルズ内の多目的トイレで事に及んでいたと言われ、その点がテレビ番組のワイドショーなどでも繰り返し報じられている。佐々木と結婚し子供もいながら、不倫を半ば堂々と繰り返していたことも話題となった。

 NEWSの小山慶一郎もこの点に注目し、「(多目的トイレを)本当に使いたい方が待っている時もありますから良くない」と批判した。

 渡部はさわやかなイメージがウリであり、女性ファンも多い人物だった。そのため、梅沢はこれにも「外見だけじゃわかんねえな。本当に人間ってのは」と切り捨てた。ただ、自宅からのリモート出演のため、娘たちからたびたびツッコミが入っていたようで、「おめーが言うか?」と書かれたメモを見せ、笑いを誘う場面も。

 これには、ネット上では「梅沢、まさに立場なしだな」「もうちょっとツッコんだ愛人ネタとかも聞きたいところ」といった声が聞かれた。それでも梅沢が批判したことで、渡部の立場はさらに追い詰められて行きそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ