search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(5/13)「第12回川崎マイラーズ(SIII)」(川崎)

ハッシーの地方競馬セレクション(5/13)「第12回川崎マイラーズ(SIII)」(川崎)

pic pic

画像はイメージです

 条件が合わなかったか・・・。先週船橋競馬場でおこなわれた「第32回かしわ記念(JpnI)」。本命に推したモズアスコットは、スタートで躓いたものの、すぐに立て直し事なきを得る。道中は4番手の位置を取り流れに乗ったが、ペースが上がるとついていけなくなり、4コーナーでは後方2番手まで下がってしまうと、直線でも本来の脚が見られず6着。地方の深い馬場、コーナー4つのコース形態と、戦前陣営が不安視していたことが当たってしまったようだ。それでも敗因がはっきりしているだけに、条件が変われば巻き返すだろう。

 さて、今週は「第12回川崎マイラーズ(SIII)」が川崎競馬場でおこなわれる。
 今回はサルサディオーネやアンサンブルライフ、ワークアンドラブなど、前で競馬をしたい馬たちが揃っており、ハイペースになりそうなメンバー構成。となれば、後方から競馬をする馬に本命を打つべく、白羽の矢を立てたのはクリスタルシルバー。前走は9か月ぶりの一戦となったが、道中は追っつけながらの追走となり、3コーナーでムチが入ると、そこからスイッチが入ったようで、スッと前との差を詰め始め、直線でもじわじわと脚を伸ばして3着。如何にも休み明けといった内容であったが、それでもスイッチが入ってからの走りは、まだまだ重賞戦線で活躍できる力があることを見せつけた。休み明けをひと叩きされ、明らかに状態、反応は良くなっており一発を期待する。

 相手本線はクインズサターン。南関東へ移籍して2戦したが、移籍初戦はプラス18㎏の馬体重と如何にも移籍初戦といった造りで、道中はとぼけたような走りだったが、徐々に気が入ってきたのか、向正面で仕掛けられるとスッと反応し、しっかりと伸びて勝ち馬から0秒1差の3着。前走はスタートでダッシュがつかず、テンから押してポジションを取りに行くロスがありながら、直線でもしっかりと脚を伸ばして2着。使われながら状態を上げてきており、今回は叩き3走目と勝負度合いは高いだろう。
 ◎〇をまとめて負かすならキャプテンキング。
 以下、カジノフォンテン、グレンツェントまで。

◎(9)クリスタルシルバー
〇(10)クインズサターン
▲(7)キャプテンキング
△(13)カジノフォンテン
△(4)グレンツェント
買い目
【馬単】6点
(9)⇔(7)(10)(13)
【3連複1頭軸流し】6点
(9)-(4)(7)(10)(13)
【3連単フォーメーション】15点
(9)→(7)(10)(13)→(4)(7)(10)(13)
(7)(10)→(9)→(4)(7)(10)(13)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ